《アクセスコード・トーカー》

リンク・効果モンスター
リンク4/闇属性/サイバース族/攻2300
【リンクマーカー:上/左/右/下】
効果モンスター2体以上
このカードの効果の発動に対して相手は効果を発動できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、そのリンク素材としたリンクモンスター1体を対象として発動できる。
このカードの攻撃力は、そのモンスターのリンクマーカーの数×1000アップする。
(2):自分のフィールド・墓地からリンクモンスター1体を除外して発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
このターン、自分の「アクセスコード・トーカー」の効果を発動するために同じ属性のモンスターを除外する事はできない。

 ETERNITY CODEで登場する闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク素材としたリンクモンスターリンクマーカーの数によって自己強化する効果と、フィールド墓地リンクモンスターコストとして除外してフィールドのカード破壊する効果を持つ。

 リンク素材縛りは緩いが、2つの効果はいずれもリンクモンスターが関わるため、できる限りリンクモンスターを素材に使いたい。
 《スプラッシュ・メイジ》《トランスコード・トーカー》⇒このカードと繋げれば(1)で3000強化した上で(2)の墓地コストも2枚確保できる。

 効果の発動相手効果チェーンされない効果外テキストを持つ。
 効果の発動を安全に行えるだけでなく、(1)はリンク召喚に成功した場合の効果であるため、《奈落の落とし穴》など同じタイミングで発動できるカードに対して擬似的な耐性にもなる。

 (1)はリンク素材にしたリンクモンスターリンクマーカーの数に比例した自己強化
 強化倍率はリンクマーカー×1000と非常に高く、リンク1を含めるだけでも3300に達する。
 リンク素材の指定を踏まえると、リンク3ともう1体のモンスターリンク召喚するのが理想的であり、5300にまで強化される。
 リンク3の《トランスコード・トーカー》なら蘇生効果によりこのカードリンク召喚を狙いやすいため、相性がよい。

 (2)はフィールドのカード破壊する効果
 除去カードの種類に制限もなく対象をとらない効果である。
 フィールド墓地リンクモンスター除外する必要があるが、【サイバース族】なら墓地リンク素材にしたリンクモンスターが溜まりやすく、それをコストにすれば良いだろう。
 1ターンに1度の制限がなく複数回使えるが、コストとして違う属性リンクモンスター除外する必要がある。
 このカードリンク召喚できるデッキでは、意識せずとも2〜3回程度の発動は難しくないため、盤面干渉力は高いといえる。
 (1)と合わせてフィニッシャーになりうるカードであるため、この効果のために連続リンク召喚を行い墓地を肥やしておくのもよい。

  • 「アクセスコード(accesscode)」とは、サービスなどを利用する際、本人確認などのために識別子として入力される文字列のことで、主にユーザーIDやパスワードなどを指す。
  • リンク召喚時の口上は、「まだ見ぬ世界へ繋がる風を掴め!リンク召喚リンク4、《アクセスコード・トーカー》!」
    • カード名に「アクセス」の名を持つことから、上記の口上はPlaymakerが作中でスキル「Storm Access」を発動する際に、Aiが「風を掴め!Playmaker!」と檄を飛ばしていたのを意識したものだと思われる。
      また、作中最後のリンク召喚もあってか、久方ぶりに「アローヘッド確認!」と「サーキットコンバイン!」というリンク召喚時の共通口上が使用されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アクセスコード・トーカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク4 闇属性 サイバース族 攻2300 コード・トーカー

広告