《アシッドレイン/Acidic Downpour》

フィールド魔法
全ての地属性モンスターの攻撃力は500ポイントダウンし、
守備力は400ポイントアップする。

 PHANTOM DARKNESSで登場したフィールド魔法
 《ガイアパワー》と逆に攻撃力を下げ、守備力強化する効果を持つ。

 地属性が多く、高い守備力を活かして戦う《アステカの石像》等を使用するタイプの【岩石族】では使いやすい。
 しかし、より上昇値が高く、デメリットもない《聖域の歌声》が存在する。
 相手地属性以外ならば強化しないのがこちらのメリットだが、単に反射ダメージを与える目的ならば、《断層地帯》も存在する。
 これらの目的では、《聖域の歌声》《断層地帯》より優先できるとは言い難い。
 超重武者においては守備力が上昇する上、一部の超重武者《機械複製術》の対応範囲に入れられるため、相性は良い。

 属性メタカードとして【ガジェット】などの地属性が多いデッキにはある程度の効力がある。
 《ジェムナイト・パール》のような高攻撃力エクシーズモンスター弱体化できる。
 とはいえその地属性もそこまで採用率が高くなく、【ガジェット】にしろエクシーズ召喚で他属性につなげられたら対処できない。
 《ギアギガント X》《マシンナーズ・フォートレス》をけん制できなくもないが、特別場持ちも良くないうえ複数積んでも腐る
 他のメタカードより優先する理由はないと言っていい。

 自分モンスターに及ぶ全体弱体化デメリットと捉えず、逆に利用する手法が考えられる。
 例えば、《地獄の暴走召喚》《機械複製術》《タンホイザーゲート》などは対応モンスターの範囲が広がる。
 とはいえ、使用するカードが1枚増えており、手札事故も誘発しやすい。
 上記の中ではデッキ墓地にも対応する《地獄の暴走召喚》に絞ったほうが扱いやすいだろう。

  • 《酸の嵐》英語名が「Acid Rain」なため、こちらは「Downpour(土砂降り)」となっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメARC-Vの3話においてアクションフィールドの選択画面にあった1枚。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アシッドレイン》 魔法 フィールド魔法

広告