《アステカの石像(せきぞう)/Stone Statue of the Aztecs》

効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻 300/守2000
(1):このカードが攻撃された場合、その戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは倍になる。

 天空の聖域で登場した地属性岩石族下級モンスター
 相手プレイヤーが受ける戦闘ダメージを倍にする永続効果を持つ。

 守備力が高く役をこなせるが、守備表示モンスターに低攻撃力モンスター攻撃してくる相手はいないので、コンボで力を発揮する。
 攻撃された時に《モンスターBOX》発動に成功すれば、4000もの反射ダメージを与えられる。
 一度表側守備表示になった後も《牙城のガーディアン》《収縮》《D2シールド》等でさらなるダメージを狙える。
 特に《モンスターBOX》《D2シールド》とのコンボが成功すれば、8000ダメージを与えられ、1ターンキルが成立する。
 守備力の高いモンスター《メタル・リフレクト・スライム》フィールドに並べ、《結束 UNITY》発動することでも一撃必殺も狙える。
 事前に気付かれると除去を狙ってくるため、デッキがばれない様にしておきたい。

 マッチでは2戦目以降殆どの場合攻撃を控えてくるため、違う戦術が必要となる。
 例えば《召喚制限−猛突するモンスター》《おジャマトリオ》との組み合わせで、12000ものダメージを叩き込める。
 変わった使い方としては攻撃表示攻撃された時に《ディメンション・ウォール》発動した場合も、効果を発揮できる。
 攻撃表示のこのカード相手の低守備力モンスター攻撃してきたときに《反転世界》を使い、反射ダメージを狙う手もある。

  • 「アステカ」とは、現在のメキシコ中央部に1325年から1521年まで存在していたメソアメリカ文明のことである。
    スペインの探検家コルテスに滅ぼされるまで、独自の文明が栄えていた。
    現在でも、石像や建造物がいくつか残されている。
  • 原作では、手札にある時点でのカード名は《壁男○○ガーマン》(○○の部分は隠れていたため不明)だったが、召喚した際には《アステカの石像》に変更されていた。
    原作・アニメでは通常モンスターで、アニメのフレイバー・テキストには「アステカの神を象った石像 大いなる力を秘めている。」と書かれている。
    イラストはこちらへむかって両手を突き出しているようなもので、OCGでのイラストは漫画での構図を元に描かれているが、アニメで登場した際にはイラスト通りの構図で召喚されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DMシリーズでは効果を持たず、オリジナルのテキストが存在する。
    「昔この石像の上で何万もの生贄が捧げられたという」と書かれている。

関連カード

反射ダメージを倍にする効果

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アステカの石像》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 岩石族 攻300 守2000

広告