《アップデートジャマー》

リンク・効果モンスター
リンク2/風属性/サイバース族/攻2000
【リンクマーカー:上/左】
レベル2以上のサイバース族モンスター2体
(1):自分のサイバース族モンスターが戦闘を行うダメージ計算時に1度、発動できる。
ダメージステップ終了時まで、このカード以外のフィールドのカードの効果は無効化され、
その戦闘のダメージ計算は元々の攻撃力・守備力で行う。
その戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られた時、相手に1000ダメージを与える。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードをリンク素材としたリンクモンスターはこのターン、
1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

 SAVAGE STRIKEで登場した風属性サイバース族リンクモンスター
 サイバース族戦闘時に自身以外のカードの効果無効にして元々の攻撃力(守備力)ダメージ計算を行い、相手モンスター戦闘破壊された場合にダメージを与える誘発即時効果、自身をリンク素材としたモンスター2回攻撃能力を付与する誘発効果を持つ。

 自身のリンク素材レベル2以上のサイバース族2体が指定されている。
 そのため、リンクモンスターレベル1のサイバース族を利用したリンク召喚はできない。

 (1)はカードの効果無効攻撃力守備力の変化を封じてダメージ計算を行い、相手モンスター戦闘破壊されればダメージも与える効果
 効果による強化を併用するデッキが相手なら有用となる。
 弱体化も元に戻してしまう他、自分強化も戻してしまうが、そういった場合はリンク素材に使うといい。
 1000のダメージも決して小さくなく、戦闘破壊を補助できる点とかみ合っている。

 《シューティングコード・トーカー》との相性は特によく、あちらの(1)の効果適用させた後なら、このカード無効になっても連続攻撃が行える。
 その連続攻撃の度にこちらの効果を使う事で1000ダメージが累積する他、あちらの弱体化がこちらの効果無効になるため、弱体化を気にせずに攻撃できる。
 こちらの無効化はダメージステップ終了時までなので、バトルフェイズ終了時に発動するあちらの(2)の効果を阻害する事もない。
 また《セグメンタル・ドラゴン》とも比較的相性が良く、妥協召喚した場合に下がる攻撃力を元に戻してあちらの攻撃力参照の全体除去に繋げられる。
 ただし、このモンスターメインモンスターゾーンにいるとその巻き添えを受けるため、併用を狙うならこのモンスターエクストラモンスターゾーンに用意すると良い。

 (2)は自身を素材としたリンクモンスター2回攻撃能力を付与する効果
 自分カードによる強化と相性が良く、リンク3以上なら高攻撃力を備えている場合が多い。
 《エンコード・トーカー》などなら大きく強化した上で追撃できるため、1ターンキルも見えてくる。

  • 少年が大きな機械を背負った姿をしている。
    「ジャマー」には「妨害する人」の他に「妨害電波発生装置」の意味があるため、背後の機械はそれだろう。
    攻撃力守備力の変化(アップデート)を妨害するという効果と取れる。
    • パソコンのアップデートは、自動的な設定をオンにしていると、パソコンを使った別の作業中に出てきて邪魔だったり、アップデートにバグがありそれの被害を受けてしまったりという事がある。
      そういうのが嫌な人は自動更新をオフにしているため、「アップデートを妨害する人」という名前は、このあたりのニュアンスが由来だろう。
  • 上記の経緯からすると遊作は第1話の時点でこのカードを既に入手していたことになる。
    ただ、その場合は第1話の「vsハノイの騎士」(2戦目)でスキル「Storm Access」の賭けに出ずともこのカードで勝利できてしまう等、物語上の構成にやや難が見られてしまうのは後付け設定のご愛敬といったところか。

関連カード

収録パック等


Tag: 《アップデートジャマー》 リンクモンスター 効果モンスター モンスター リンク2 風属性 サイバース族 攻2000

広告