《アビスコール/Abyss-squall》

通常罠
自分の墓地の「水精鱗」と名のついた
モンスター3体を選択して表側守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
攻撃宣言できず、エンドフェイズ時に破壊される。

 ABYSS RISINGで登場した通常罠
 墓地水精鱗デメリットを付与して3体蘇生させる効果を持つ。

 一度に3体の水精鱗蘇生させられるが、効果無効化、攻撃不可、エンドフェイズ自壊という大きなデメリットが付与される。
 罠カードであるため速攻性に欠け、加えて墓地に3体の水精鱗が存在しないと発動すらできない等、小回りに欠ける。
 蘇生対象縛りは緩く、レベル同名カードの制限もないため、素材に3体必要なエクシーズモンスターを出したり、《水精鱗−メガロアビス》を2体蘇生してランク7に繋げたりすることもできる。
 効果無効になってもモンスター効果の発動自体はするので、《水精鱗−アビスパイク》等の手札コストとして《水精鱗−アビスグンデ》を捨て、効果を利用することができる。
 いずれにせよ、爆発力を増す代わりに安定性が犠牲になる面が強い。

  • なお、「3体まで」ではなく必ず「3体」必要である点は注意したい。
    墓地水精鱗が2体しかいなかったり、自分フィールド上に3ヶ所の空きがない状態だと発動できない。
  • イラストから考えると、名前は「アビス」に、激しいにわか雨などを意味する「スコール」を掛けたのだろう。
    同時に特殊召喚するという点から、「呼ぶ」を意味する「コール」とも掛け合わせているとも考えられる。
  • イラストに描かれている金色の輪は、《水精鱗−ガイオアビス》の左腕に装着されている腕輪であり、ワーグナーの楽劇「ニーベルングの指環」が由来であると考えられる。
    イラストの3体の由来である3人の水の妖精に守られていた黄金が奪われ、指環の材料となった。
    • OCGの設定としても、天候を操り炎を鎮める豪雨を呼べる「世界を制する力を秘めた黄金の指輪」と解説されている。
    • アニメDMのKCグランプリ編に登場したジーク・ロイドが、《ニーベルングの指環》という魔法カードを使用している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:3体は、発動時に対象をとるのですか?
A:はい、発動時に選択し対象をとります。(12/07/28)

Q:《D.D.クロウ》効果解決時に2体しか墓地にいない場合どうなるのですか?
A:その場合でも、残りの選択したモンスター特殊召喚されます。(12/07/28)

Q:破壊する効果チェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(12/08/04)


Tag: 《アビスコール》 通常罠 アビス

広告