《アモルファージ・キャヴム/Amorphage Envy》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻   0/守2050
【Pスケール:青5/赤5】
このカードのコントローラーは、
自分スタンバイフェイズ毎に自分フィールドのモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずにこのカードを破壊する。
(1):自分フィールドに「アモルファージ」モンスターが存在する限り、
お互いに魔法・罠・モンスターの効果をチェーンして発動できない。
【モンスター効果】
(1):P召喚・リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した地属性ドラゴン族下級ペンデュラムモンスター
 アモルファージ共通の維持コスト特殊召喚を封じる永続効果チェーン発動を封じるペンデュラム効果を持つ。

 アモルファージモンスター共通の維持コストペンデュラム効果適用条件、モンスター効果については《アモルファージ・ガストル》を参照。

 固有のペンデュラム効果は、お互いチェーン発動ができなくなるという一風変わったもの。
 カウンター罠《真六武衆−シエン》等のカウンター効果を恐れずにモンスター効果魔法・罠カードを使用できるのが最大のメリット
 その他にもデッキによって様々な影響が現れるが、チェーン1での除去を防げないなど中途半端なロックであり、最終的には別のアモルファージに貼りかえたほうが良いだろう。
 お互いに影響するので、相手全体除去《神の宣告》が撃てなくなるという欠点もある。

 アモルファージスケール3と5しか存在しないが、このカードレベル4なのでアモルファージだけでペンデュラム召喚できる。
 守備力は2050とアモルファージの中で最も高く、モンスター効果の影響でアタッカーを出されにくくなる点を考慮すれば十分な場持ちが期待できる。
 また、レベルアモルファージの中では唯一スケール5を持つカードである。

  • 元ネタはラテン語で八つの枢要罪の一つの憂鬱を意味する単語「cavum(キャヴム)」だろう。
    • 英語名は羨望を意味する「envy」に変更されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アモルファージ・キャヴム》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 地属性 ドラゴン族 攻0 守2050 スケール5 アモルファージ

広告