《アモルファージ・ヒュペル/Amorphage Pride》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/地属性/ドラゴン族/攻1750/守   0
【Pスケール:青3/赤3】
このカードのコントローラーは、
自分スタンバイフェイズ毎に自分フィールドのモンスター1体をリリースする。
またはリリースせずにこのカードを破壊する。
(1):自分フィールドに「アモルファージ」モンスターが存在する限り、
お互いが受ける効果ダメージは0になる。
【モンスター効果】
(1):P召喚・リバースしたこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、
お互いに「アモルファージ」モンスターしかエクストラデッキから特殊召喚できない。

 シャイニング・ビクトリーズで登場した地属性ドラゴン族下級ペンデュラムモンスター
 アモルファージ共通の維持コスト特殊召喚を封じる永続効果お互いの受ける効果ダメージを0にするペンデュラム効果を持つ。

 アモルファージモンスター共通の維持コストペンデュラム効果適用条件、モンスター効果については《アモルファージ・ガストル》を参照。

 ペンデュラム効果お互い効果ダメージを0にするものだが、バーンを軸とするデッキは遭遇率が低く、有用な場面は多くない。
 《ガガガガンマン》でのトドメや、【クラウンブレード】コンボを封じられるという局所的なメリットはないではないが、どちらも《アモルファージ・ガストル》で十分である。
 下級アモルファージでは最大の攻撃力を持つため、基本的にアタッカーとしての起用となる。

 アモルファージスケール3と5しか存在しないためレベル4しかペンデュラム召喚できず、その中で最も攻撃力が高いのはこのカードである。
 ただ、このカードより攻撃力が100だけ低い《アモルファージ・オルガ》リリース封じのペンデュラム効果を持ち、バーンデッキより遭遇率の高い【帝王】【儀式召喚】メタとなる。
 攻撃力1700のモンスターと遭遇する機会はあまりなく、また【アモルファージ】《アモルファージ・インフェクション》などの全体強化全体弱体化を多用して戦うため、100ポイント程度の攻撃力の差は問題になりにくい。
 こうした背景から、【アモルファージ】下級アタッカーとしても二番手の地位であり、《アモルファージ・オルガ》を3枚積んだ上で更にアタッカーが欲しい場合に採用される、という立場にある。

  • カード名の由来は、八つの枢要罪の一つで古ギリシャ語で驕傲や傲慢を意味する単語「'Υπερηφανια(ιの上に強アクセント、ヒュペレーファニア)」だろう。
    • 英語名は誇りや自尊心、高慢を意味する「pride」。

関連カード

―《アモルファージ・ヒュペル》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《アモルファージ・ヒュペル》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 地属性 ドラゴン族 攻1750 守0 スケール3 アモルファージ

広告