《アロマージ−マジョラム》

効果モンスター
星5/闇属性/植物族/攻2000/守1600
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の植物族モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、自分は500LP回復する。
(2):自分のLPが相手より多く、このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分の植物族モンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
(3):自分のLPが回復した場合、自分フィールドの
「アロマ」モンスターの数まで相手の墓地のカードを対象として発動する。
そのカードを除外する。

 CHAOS IMPACTで登場した闇属性植物族上級モンスター
 植物族戦闘破壊された場合に自身を特殊召喚し、ライフゲインする誘発効果自分ライフ相手を上回っている場合植物族戦闘ダメージを0にする永続効果ライフ回復した場合、相手墓地カード除外する誘発効果を持つ。

 (1)は植物族戦闘破壊トリガーに自身を特殊召喚する効果
 戦闘破壊へのリカバリーとなるが、ステータスは低く、追撃を防ぐにはやや不安が残る。
 自爆特攻で満たすのもよく、《プチトマボー》《ロードポイズン》ならばモンスターを展開しつつ、このカードを出せる。
 ライフゲインの値は少ないが、相手ターンかつダメージステップアロマ効果を使えるので、防ぎにくくなることは間違いない。

 (2)は植物族が発生させる戦闘ダメージを0にする効果
 戦闘ダメージを防ぐことによりライフポイントの差を保つことができ、アロマ効果へと繋げやすくなる。
 自身のステータスは低いので《アロマージ−カナンガ》《アロマセラフィ−ローズマリー》《アロマガーデン》と合わせておきたい。
 戦闘破壊までは防げないが、《アロマセラフィ−ジャスミン》リンク先に出すことで防ぐことができ、戦闘ダメージを0にすることで《アロマセラフィ−ジャスミン》戦闘破壊耐性を維持しやすくなる。

 (3)は回復した場合に相手墓地カード除外する効果
 アロマモンスターの数を参照するので、最低でも1枚、上手く展開できれば毎ターン平均して2〜3枚は除外できる。
 場合によっては数ターンの維持で墓地を空にすることもでき、墓地を利用するデッキに対するメタとなる。
 ただし、タイミングの関係上蘇生効果等にチェーンしてライフ回復しても防げないので、相手ターンで使う場合はタイミングをよく選ぶ必要がある。
 また、墓地をあまり利用しない【ペンデュラム召喚】や、除外を逆に利用されてしまう【不知火】【メタファイズ】等には弱い。

  • 「マジョラム(marjoram)」はハーブの一種。
    シソ科の多年草であり、オレガノ(別名:ワイルド・マジョラム)とは同属の分類となっている。
    他にも「ポット・マジョラム」など似た名前の草が多いため、それらと区別するために「スイート・マジョラム」と呼ぶこともある。

関連カード

―《アロマージ−マジョラム》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《アロマージ−マジョラム》 モンスター 効果モンスター 星5 闇属性 植物族 攻2000 守1600 アロマ

広告