《アンダークロックテイカー》

リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/サイバース族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
効果モンスター2体
(1):1ターンに1度、このカードのリンク先の表側表示モンスター1体と、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで、
対象としたリンク先のモンスターの攻撃力分だけダウンする。

 EXTREME FORCEで登場する闇属性サイバース族リンクモンスター
 リンク先モンスター攻撃力分だけ、相手モンスター弱体化させる効果を持つ。

 リンク素材の指定は「効果モンスター2体」とかなり緩い。
 効果は無視して、リンク3以上のリンクモンスターの中継として利用する手もある。
 素材の緩いリンク2のモンスターとして見た場合、《プロキシー・ドラゴン》《コード・トーカー》とはリンクマーカーの向きが異なるのでそちらで使い分けることになる。
 エクストラモンスターゾーンに出した場合に、自分メインモンスターゾーンだけにリンクマーカーが向くのは上記カードにはない利点といえる。

 効果は、対象相手モンスター弱体化
 リンク先に別のモンスターを用意する必要があるが、このカード経由でリンク3を出したい場合は概ね満たせている可能性が高く、さほど手間はない。
 ターン終了時までしか持続しないため、この攻撃力では相手ターンで反撃を受ける可能性はある。
 しかし、このモンスターフィールドを離れてもターン終了時までは弱体化が続くので、効果の使用後にリンク素材などにすればその点は補える。

 同名カード発動制限もなく、リンクマーカーが横にもあるため、メインモンスターゾーン蘇生すれば再び効果発動できるのは利点である。

  • カード名は「アンダークロック (Underclocking) 」+「アンダーテイカー(Undertaker)」だろうか。
    コンピュータなどで複数の電子回路を同期させるための信号(クロック信号)が、1秒間に発振される回数をクロック周波数(動作周波数)と言う。
    このクロック周波数を下げる行為がアンダークロックであり、その反対がオーバークロックである。
    クロック周波数の単位はヘルツ(Hz)で表されるが、パソコンではこの値が大きいほど処理速度が高く、このカード弱体化効果もそれをイメージしているのかもしれない。
    アンダーテイカーは英語で葬儀屋の意味であり、闇属性であるのはこちらに引っ張られたものと思われる。

収録パック等


Tag: 《アンダークロックテイカー》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 闇属性 サイバース族 攻1000

広告