《インセクト女王(クイーン)/Insect Queen》

効果モンスター
星7/地属性/昆虫族/攻2200/守2400
(1):このカードの攻撃力は、フィールドの昆虫族モンスターの数×200アップする。
(2):このカードの攻撃宣言の際に、自分は自分フィールドの
他のモンスター1体をリリースしなければならない。
(3):このカードの戦闘で相手モンスターを破壊したターンのエンドフェイズに発動する。
自分フィールドに「インセクトモンスタートークン」
(昆虫族・地・星1・攻/守100)1体を攻撃表示で特殊召喚する。

 遊戯王デュエルモンスターズIII 三聖戦神降臨 初回特典カードで登場した地属性昆虫族最上級モンスター
 自己強化する永続効果攻撃宣言する際にモンスターリリースしなければならない永続効果インセクトモンスタートークンを生成する誘発効果を持つ。

 (1)の効果により昆虫族の数に応じて自身の攻撃力を上昇するが、上げ幅は然程高くはない。
 自身も昆虫族であるため基本攻撃力は2400となるものの、攻撃宣言時にデメリットの無い《セイバー・ビートル》《ブレイン・クラッシャー》等も同等の値を持つ。

 (2)の効果攻撃宣言の際にリリースを必要とするデメリットで、昆虫族リリースした場合は攻撃力が下がってしまう。
 チェーンブロックは作らないため、《代打バッター》リリースしてもタイミングを逃す事なく特殊召喚効果トリガーにはできるが、有効活用は難しい。

 (3)の効果によりトークンを生成できるが、トークン攻撃力が僅か100にもかかわらず攻撃表示で生成されるため、間違いなく格好の標的にされることになる。
 もし使う際は《ガリトラップ−ピクシーの輪−》《オレイカルコスの結界》を用意するなど、攻撃を防ぐ工夫が欲しい。
 《ナチュルの神星樹》ならインセクトモンスタートークン相手ターンエンドフェイズリリースでき、攻撃表示で残ることを防げる。
 自分エンドフェイズインセクトモンスタートークンリリースして植物族地属性を出し、さらに次の相手ターン植物族地属性リリースして《ブロック・スパイダー》を出せば攻撃をしのぎつつ強化できる。
 《リンクリボー》リリースするのも手であり、攻撃されるのを防げる。

 総じて効果の噛み合いが悪く、最上級モンスターにも関わらず攻撃リリースを要するなど使い勝手は非常に悪い。
 昆虫族最上級モンスターとして見ると《デビルドーザー》《鉄鋼装甲虫》の方が使い勝手が良い。
 それでも使うのであれば、デュエルに勝利することは考えず、専用デッキを構築する必要がある。

  • 原作・アニメにおいて―
    「バトルシティ編」におけるインセクター羽蛾の切り札であり、アンティカード
    「城之内vsインセクター羽蛾」戦において初めて召喚され城之内を追い詰める。
    《アリの増殖》で大幅に攻撃力を上げる(インセクト)デッキ最強コンボ「クイーンズ・インパクト」を披露するも、《墓荒らし》により奪われた魔法カード《殺虫剤》破壊されてしまった。
    その後は城之内の手に渡ったが、以後使用されることはなかった。
    攻撃名は「クイーンズ・ヘル・ブレス」。
  • 原作での効果は以下の通り。
    効果モンスター
    星8/属性不明/昆虫族/攻2200/守2400
    全フィールド上のこのカード以外の昆虫族モンスター1体につき、
    このカードの攻撃力は400ポイントアップする。
    このカードが相手モンスターを破壊したターンのエンドフェイズ時、
    自分フィールド上に「インセクト・ラーバ」(昆虫族・星?・攻1200/守0)
    1体を攻撃表示で特殊召喚する。
    「インセクト・ラーバ」は表示形式を変更出来ない。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • 漫画5D'sの「遊星vsセクト」(1戦目)においてセクトが使用した魔法カード《縄張り》のイラストに描かれている。
  • デュエルリンクスでもインセクター羽蛾のエースカードとして設定されており、召喚時には専用ムービーが流れる。

関連カード

―(1)の類似効果《森の住人 ウダン》を参照

―(2)の類似効果《ダーク・エルフ》を参照

―(3)の類似効果

―《インセクト女王》の姿が見られるカード

リメイク

収録パック等

FAQ

Q:リリースコストですか?
A:コストではありません。また、「攻撃宣言するための手順・条件」としても扱いません。(17/03/10)


Tag: 《インセクト女王》 効果モンスター モンスター 星7 地属性 昆虫族 攻2200 守2400

広告