《インフェルニティ・ドワーフ/Infernity Dwarf》

効果モンスター
星2/闇属性/戦士族/攻 800/守 500
自分の手札が0枚の場合、このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上に存在するモンスターが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が超えていれば、その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 遊戯王ファイブディーズ STARDUST ACCELERATOR - WORLD CHAMPIONSHIP 2009 付属カードで登場した闇属性戦士族下級モンスター
 手札0枚の状況下で自分モンスター全てに貫通能力を付与する永続効果を持つ。

 条件さえ満たせば、自分フィールドの全てのモンスター貫通効果を付与できる。
 だが、ステータスがあまりにも低く、他のカードでのサポートが無ければ維持するのは困難。
 さらに手札が0枚でなければバニラ同然であるため、条件の厳しさの割には見返りが大きいとは言えない。

 使う場合は闇属性戦士族のサポートを活用したい。
 《増援》サーチ《戦士の生還》《ダーク・バースト》サルベージでき、《連合軍》は貧弱な攻撃力強化しつつ全体に貫通を付与できる。
 レベル2なので《トゥルース・リインフォース》でのリクルート《ジャンク・シンクロン》での蘇生も可能。
 他に、《強化蘇生》を使用する事で表側守備表示フィールドに出せる。

 一応、インフェルニティとしては唯一のレベル2非チューナーではある。
 しかし、【インフェルニティ】レベル8と9のシンクロモンスターを主力にする場合が多く、それらのシンクロ召喚は他のインフェルニティで問題なく狙える。
 レベル7は狙いやすくなるものの、今のところそちらを扱うメリットがほとんど無いため、この点で採用するのも難しい。

  • 「ドワーフ(Dwarf)」とは人間よりも小柄な種族。
    大抵は、背が低いが屈強な肉体をもち、長い髭をたくわえた姿で描かれている。
    童話「白雪姫」の7人の小人やトールキンの「指輪物語」など数々の作品に登場しており、童話や民話、ファンタジー小説では非常に有名な種族の一つ。
    エルフと仲が悪いという設定はトールキンの創作である。
    イラストのように斧を持って戦う屈強な戦士であると同時に、優秀な鍛冶屋でもある。
    そのためか、OCGイラストでは手に持っている斧が炎をまとっている。
  • ファンタジー系作品では非常にメジャーな存在であるにも関わらず、遊戯王では第6期中盤のこのカードの登場までドワーフに関するカードは存在しなかった。
  • アニメではレアリティノーマルで、イラストが異なり、背中に籠を背負っており、中にはキノコがたくさん入っているのが確認できる。
    2戦目のみ、OCGの仕様ものが使われている。

関連カード

貫通効果を他のカードにも与えるカードについてはこちらを参照。

収録パック等

FAQ

Q:効果分類は何ですか?
A:永続効果です。(09/08/01)


Tag: 《インフェルニティ・ドワーフ》 効果モンスター モンスター 星2 闇属性 戦士族 攻800 守500 インフェルニティ

広告