《インフルーエンス・ドラゴン/Influence Dragon》

チューナー(効果モンスター)
星3/風属性/ドラゴン族/攻 300/守 900
1ターンに1度、自分フィールド上に表側表示で存在する
モンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択したモンスターはエンドフェイズ時までドラゴン族になる。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 遊戯王5D's TAG FORCE6 付属カードで登場した風属性ドラゴン族下級モンスターチューナー
 1ターンに1度自分フィールド上の表側表示モンスター1体をエンドフェイズまでドラゴン族にする起動効果を持つ。

 ほとんどのデッキでは、このカードを使って他のモンスタードラゴン族に変更するより、最初からドラゴン族を主軸としたデッキを構築した方が良い。
 このカードを使うからには、よほど特殊な事情が必要となる。

 守護竜を用いるデッキでは、リンク素材ドラゴン族縛りのある《守護竜アガーペイン》リンク召喚を狙いやすくできる。
 このカードを使った展開ルートの詳細は、このカードコンボを組む《星遺物の守護竜》を参照。

 その他、このカードチューナーなので、シンクロ素材縛りのあるシンクロモンスターシンクロ召喚の補助として使用できる。
 ドラゴン族が中心でないデッキでも、《エクスプロード・ウィング・ドラゴン》《トライデント・ドラギオン》シンクロ召喚できるようになる。
 その他としては《ドラゴニック・タクティクス》等のドラゴン族サポートカードの補助としても使用できる。
 《タンホイザーゲート》適用可能にし、エクシーズ召喚を狙うという手もある。
 《天球の聖刻印》リンク素材にも使用できる。

 自身のステータスから《調和の宝札》コストに使用できる。
 また、《デブリ・ドラゴン》蘇生することも可能である。

  • 「インフルーエンス(Influence)とは、「影響を及ぼす」という意味である。
    このカードの影響を受けてドラゴン族に変更されることになるので、効果カード名が合致している。
  • 上述の守護竜とのシナジーを公式も意識したのか、守護竜が登場するSAVAGE STRIKE発売直前のタイミングで公式Twitterにてこのカードが紹介された。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果適用させた後、《DNA改造手術》機械族宣言した場合、種族はどうなりますか?
A:その場合、機械族として扱います。(11/10/10)

Q:機械族宣言した《DNA改造手術》適用されている中で、このカードの効果発動した場合、種族はどうなりますか?
A:その場合、ドラゴン族として扱います。(11/09/25)


Tag: 《インフルーエンス・ドラゴン》 チューナーモンスター 効果モンスター モンスター 星3 風属性 ドラゴン族 攻300 守900

広告