《ウィキッド・リボーン/Wicked Rebirth》

永続罠
800ライフポイントを払い、自分の墓地に存在する
シンクロモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスターを表側攻撃表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、
このターン攻撃宣言をする事ができない。
このカードがフィールド上に存在しなくなった時、
そのモンスターを破壊する。
そのモンスターが破壊された時このカードを破壊する。

 RAGING BATTLEで登場した永続罠
 シンクロモンスターを、一定の制約を与えた上で蘇生する。

 範囲が狭く、またデメリットも多いため、《リビングデッドの呼び声》より優先する意味はほとんどない。
 モンスター自壊する条件は異なるが、これが活きる場面もほとんどない。

 一応、特殊召喚したシンクロモンスター効果無効にするため、デメリットを持つシンクロモンスターと相性はいい。
 エクストラデッキに戻る効果無効にしつつ、リリース時の効果発動できる《セイヴァー・スター・ドラゴン》は、数少ない例といえる。

  • 「ウィキッド(wicked)」は、「邪悪な、不道徳な」という意味を持つ。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:墓地から特殊召喚した後も特殊召喚したシンクロモンスターに対してこのカード対象をとり続けますか?
A:はい、対象をとり続けます。(09/03/17)

Q:《王宮のお触れ》等でこのカードの効果無効になった場合、蘇生されたモンスター蘇生されたターン攻撃効果が有効になりますか?
A:はい、蘇生されたターン攻撃効果が有効になります。(09/03/17)

Q:《王宮のお触れ》等でこのカードの効果無効になり、その後に《王宮のお触れ》等の効果適用されなくなった場合、蘇生されたモンスターは、再び蘇生されたターン攻撃ができなくなり、効果無効にされますか?
A:はい、再びこのカードの効果適用されてそうなります。(09/03/17)

Q:このカードの効果特殊召喚した《スターダスト・ドラゴン》リリースして無効効果発動した場合、無効効果適用されますか?
A:はい、その場合、《スターダスト・ドラゴン》墓地へ送られて、このカードと対象をとり続ける関係がなくなりますので《スターダスト・ドラゴン》無効効果適用されます。(09/03/17)

Q:このカードの効果特殊召喚した《氷結界の龍 ブリューナク》などのシンクロモンスター効果発動し、それにチェーンをし《サンダー・ブレイク》《月の書》などを発動し、効果解決時にそのモンスターフィールド上に表側表示で存在しない場合効果が有効になりますか?
A:はい、その場合もこのカード対象をとり続ける関係がなくなりますのでシンクロモンスター効果適用されます。(09/03/17)


Tag: 《ウィキッド・リボーン》 永続罠

広告