《ウィクトーリア/Victoria》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1500
1ターンに1度、相手の墓地に存在するドラゴン族モンスター1体を
選択して自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手は表側表示で存在する他の天使族モンスターを攻撃対象に選択する事はできない。

 週刊少年ジャンプ(2008年36号) 付属カードで登場した光属性天使族下級モンスター
 相手墓地からドラゴン族自分フィールド上に蘇生させる起動効果と、他の天使族攻撃から守る永続効果を持つ。

 1つ目の効果ノーコスト蘇生効果で、相手ドラゴン族コントロール奪取できる。
 容易にアドバンテージを稼げる《ダークエンド・ドラゴン》《月華竜 ブラック・ローズ》、強固な耐性を持つ《閃こう竜 スターダスト》、自身の効果墓地に存在する事の多い《スターダスト・ドラゴン》辺りを蘇生できれば、大きなアドバンテージを得られる。
 特にドラゴン族蘇生を基本戦術とする【巨神竜】に対して強烈に刺さる効果であり、《巨神竜フェルグラント》を奪えれば追加効果を使いつつ、連鎖的に相手モンスターを奪う事も可能である。

 しかし、基本的には相手に依存する上に、例えドラゴン族であっても《裁きの龍》《ダーク・アームド・ドラゴン》のように墓地から特殊召喚できないものや《氷結界の龍 トリシューラ》のように効果が使えないものも多いので、この効果を活かせない事も多々あるため、相手デッキに合わせてサイドデッキから投入すると良いか。

 2つ目の効果天使族戦闘から守る効果であり、《切り込み隊長》と同様に自分フィールドにこのカードが2体存在すればロックをかける事も可能。
 サーチが難しいが、手札に揃えば《神の居城−ヴァルハラ》を使って1ターンロックをかけることもできる。
 とはいえ、【天使族】には《マシュマロン》《ジェルエンデュオ》《アルカナフォース0−THE FOOL》等のモンスターが充実している。
 無理にロックを狙うより、その攻撃力《オネスト》アタッカーとして活躍させよう。

  • 名前の由来は、ローマ神話の勝利の女神「ウィクトリア」(ギリシャ神話では「ニケ」)と思われる。
    アテナの随神、もしくは化身とも言われているが、ローマ神話においてはマルスに付き従っている。
  • 構図の元ネタは、ブランデンブルク門のヴィクトリア像だろう。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:起動効果対象をとりますか?
A:対象をとります。(09/04/14)


Tag: 《ウィクトーリア》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 天使族 攻1800 守1500

広告