《ウィッチクラフト・パトローナス》

永続罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
魔法使い族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをデッキに戻し、デッキから「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を手札に加える。
(2):墓地のこのカードを除外し、
除外されている自分の「ウィッチクラフト」魔法カードを任意の数だけ対象として発動できる(同名カードは1枚まで)。
そのカードを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 ETERNITY CODEで登場した永続罠
 墓地除外ゾーンの魔法使い族デッキ戻すことでウィッチクラフト魔法カードサーチする効果、自身を墓地コスト除外されたウィッチクラフト魔法カードサルベージする効果を持つ。

 (1)はウィッチクラフト魔法カードサーチ
 墓地ウィッチクラフトはこの効果サーチ可能な《ウィッチクラフト・サボタージュ》等の各種蘇生カードで再利用できるので、あまり数を減らしたくない。
 ウィッチクラフト以外の魔法使い族コストにできるが、《ウィッチクラフト・エーデル》を使う場合はやはり墓地魔法使い族を減らすのは望ましくない。
 下級ウィッチクラフト墓地コスト発動する効果を持つため、そちらで除外されたものを回収すると良いだろう。
 ピン挿しした最上級ウィッチクラフトを回収し、下級ウィッチクラフトリクルート効果で再度使い回す役割にも使える。
 また下級ウィッチクラフトリクルート効果(主に相手ターンで)を使う場合、《墓穴の指名者》避けに利用することもできる。

 (2)は除外ゾーンからのウィッチクラフト魔法カードサルベージ
 ウィッチクラフトでは《ウィッチクラフト・ジェニー》《ウィッチクラフト・マスターピース》墓地魔法カード除外する効果を持つので相性が良い。
 特に後者は一度に複数枚の除外を行えるので、このカードで一気に回収できる。
 それ以外では、相手による除外除去を受けたウィッチクラフト永続魔法の再利用にも使えるか。
 墓地へ送られたターンには発動できないが、罠カードなので返しのターンで使う事は可能。
 相手ターンであってもウィッチクラフトモンスター手札コストに活用できるため、発動が1テンポ遅れる点の影響は抑えやすい。

  • 「パトローナス(patronus)」とは、ラテン語で「守護者、守護聖人、後見人、支援者」を意味する。
    経済的な後援者などを意味する「パトロン」の語源でもある。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《ウィッチクラフト・パトローナス》 永続罠 ウィッチクラフト

広告