《ウィッチクラフトゴーレム・アルル/Witchcrafter Golem Aruru》

効果モンスター
星8/光属性/魔法使い族/攻2800/守   0
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在し、自分フィールドの魔法使い族モンスターが相手の効果の対象になった時、
または相手モンスターの攻撃対象に選択された時、
相手フィールドのカード1枚または自分の墓地の「ウィッチクラフト」魔法カード1枚を対象として発動できる。
このカードを特殊召喚し、そのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):相手スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主の手札に戻す。

 RISING RAMPAGEで登場した光属性魔法使い族最上級モンスター
 自分フィールド魔法使い族相手効果の対象または攻撃対象に選択された時、相手フィールドのカードまたは自分墓地ウィッチクラフト魔法カードを戻して自身を特殊召喚する誘発即時効果相手スタンバイフェイズに自身をバウンスする誘発効果を持つ。

 (1)は相手フィールドのカード自分墓地ウィッチクラフト魔法カード持ち主手札に戻し、自身を特殊召喚する効果
 発動条件は「魔法使い族攻撃または相手効果の対象になった時」と比較的緩いので、【魔法使い族】ならば発動は難しくない。
 ただし、受動的であるため特殊召喚のタイミングを選びにくく、戦闘要員などとしては若干使いにくい。
 あくまで、バウンスサルベージがメインで、モンスターとしての利用はオマケぐらいに考えておいた方が良いだろう。
 初回は非公開情報手札から発動するため不意も付きやすく、相手攻撃に対応して攻撃モンスターバウンスすれば防御にもなる。
 なお、魔法使い族効果の対象になった時に発動する場合、直接チェーンを組む必要がある点は注意。
 例えば相手《クリッター》リリースして《邪帝ガイウス》アドバンス召喚した場合、チェーン1:《邪帝ガイウス》チェーン2:《クリッター》の順にチェーンを組まれると、この効果発動できない。

 (2)は相手スタンバイフェイズフィールドの自身をバウンスする効果
 フィールドに維持できないというデメリットにもなるが、再び(1)の発動が狙えるため、どちらかと言えばメリットとしての要素が強い。
 この後は相手にこのカードの存在が明らかになるので、不意を突く事はできない。
 ただ、相手としては軽い発動条件を満たさずに攻めるのは難しいので、再度の効果の発動も十分に期待できる。

 サルベージこそウィッチクラフトを指定しているが、相手カードバウンス魔法使い族なら汎用的に使える効果のため、除去役として【魔法使い族】全般での採用も検討できる。
 攻撃力が高くない魔法使い族で戦線維持をする【トゥーン】でも、戦闘ダメージを軽減できる役割として活躍できるだろう。
 無論【ウィッチクラフト】ではサルベージ効果を活かせる上、このカードの方も各種サポートカードを活用できる。
 ウィッチクラフト魔法カードは一応回収効果を持っているが、性質上それほど自由には回収できない事を考えれば、サルベージも十分に有用と言える。
 フィールドに他のウィッチクラフトモンスターが存在すれば、回収したカードコストにしてモンスター効果発動に繋げる事も可能。
 低い攻撃力であるウィッチクラフト攻撃を受けやすいため(1)の効果による特殊召喚も狙いやすい。

  • ハンマーと鋏を携え、魔女帽子をかぶった女性の姿をしている。
    ただしその肌は銀白色で、ゴーレムという名前や球体関節であることも踏まえると人造物であると推測される。
    ハンマーと鋏はウィッチクラフトイラストに共通して描かれているマークとなっているので、彼女達が製造したものだろうか。
  • 左手に持っている針に装飾されている宝石は、中心に穴が空いていることから、縫い針がモチーフと思われる。
    また、右手のハンマーのヘッド部分は透明なものにカッティングの模様が刻まれているため、ガラスと推測される。
    各部の装飾の宝石縫い針ガラスがデザインに組み込まれているため、《ウィッチクラフト・マスターピース》で三人が製作したのがこのカードなのだろう。

関連カード

収録パック等


Tag: 《ウィッチクラフトゴーレム・アルル》 モンスター 効果モンスター 星8 光属性 魔法使い族 攻2800 守0 ウィッチクラフト

広告