《エーリアン・スカル/Alien Skull》

効果モンスター
星4/風属性/爬虫類族/攻1600/守1800
相手フィールド上のレベル3以下のモンスター1体をリリースし、
このカードを手札から相手フィールド上に特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚する場合、このターン自分は通常召喚できず、
特殊召喚時にこのカードにAカウンターを1つ置く。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
Aカウンターが乗ったモンスターは、
「エーリアン」と名のついたモンスターと戦闘を行う場合、
ダメージ計算時のみAカウンター1つにつき攻撃力・守備力が300ポイントダウンする。

 POWER OF THE DUELISTで登場した風属性爬虫類族下級モンスター
 相手フィールドに自身を特殊召喚し、この方法で特殊召喚した時に自身にAカウンター置くルール効果を持つ。
 さらにAカウンターの乗ったモンスターを、エーリアンとの戦闘弱体化させる永続効果を持つ。

 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》のような特殊召喚方法を持つが、この方法でリリースできるモンスター1体のレベルは3以下に限定されている。
 必然的にリリースできるのはレベルが判別できる表側表示のものに限られ、エクシーズモンスターにも対応しないため、除去を目的とした働きは期待できない。
 一応、《マシュマロン》《魂を削る死霊》等に対しては有効だが、この効果特殊召喚すると、そのターン通常召喚できない誓約効果が発生してしまう。

 相手フィールドに出す場合は、自身にAカウンターが乗ることを利用して、《トライアングル・エリア》などとのコンボでの運用を狙うことになる。
 もっとも、リリースが制限されるこのカードを運用するよりは《「A」細胞組み換え装置》相手モンスターAカウンターの乗せた方が有効に作用する。
 そこそこのステータス弱体化効果も持つ通常召喚可能な下級エーリアンとして運用し、機会があれば相手フィールドに出すという使い方になるだろう。

  • 名前に「スカル」と付くだけのことはあり、頭部だけでなく、胴体も頭蓋骨を模した形状をしている。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:自身にAカウンター置く効果の種別は何ですか?
A:いずれにも分類されない効果です。(15/08/20)

Q:相手モンスターカードゾーンのどの位置特殊召喚するか選択するのは、どちらのプレイヤーですか?
A:このカードの元々の持ち主になります。(09/12/17)

Q:《スキルドレイン》が存在する場合に自身の効果特殊召喚した場合どうなりますか?
A:『このターン自分通常召喚できず、特殊召喚時にこのカードAカウンターを1つ置く』効果は通常通り適用されます。(17/01/15)


Tag: 《エーリアン・スカル》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 爬虫類族 攻1600 守1800 エーリアン

広告