《エーリアン・リベンジャー/Alien Overlord》

効果モンスター
星6/闇属性/爬虫類族/攻2200/守1600
このカードはフィールド上のAカウンターを2つ取り除き、
手札から特殊召喚できる。
1ターンに1度、相手フィールド上に表側表示で存在する
全てのモンスターにAカウンターを1つ置く事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
Aカウンターが乗ったモンスターは、
「エーリアン」と名のついたモンスターと戦闘を行う場合、
ダメージ計算時のみAカウンター1つにつき攻撃力・守備力が300ポイントダウンする。
「エーリアン・リベンジャー」は自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない。

 CRIMSON CRISISで登場した闇属性爬虫類族上級モンスター
 自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果Aカウンター置く起動効果Aカウンターによる弱体化永続効果を持つ。
 また、同名カード自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できないというルール効果を持っている。

 Aカウンターを消費して自身を特殊召喚する効果は、《エーリアン・ドッグ》《「A」細胞組み換え装置》を使えば、容易に条件を満たせる。
 自分フィールド上のAカウンターも利用できるので、《宇宙砦ゴルガー》《古代遺跡コードA》効果置かれたものも利用可能である。
 また召喚制限などは特になく、アドバンス召喚や自身の効果以外でも特殊召喚できるため、Aカウンターを用意できなくても腐ることはない。

 このカードAカウンターを稼ぐことにも長けており、毎ターン相手モンスター全てにAカウンターを1つ置くことができる。
 Aカウンターを必要とする様々なカード発動条件を手軽に満たすことができ、特に《集団催眠》との相性は非常に良い。
 このカードサーチできる《キングレムリン》を出すための補助にもなる《古代遺跡コードA》を使う場合は、是非採用したい。

 ステータス上級モンスターとしてはやや低めであり、攻撃力守備力共に一般的な上級モンスターの標準以下の数値である。
 こちらは、自身や他のエーリアンが持つAカウンター置く効果弱体化永続効果を併用すれば、ある程度は補うことができる。
 自身の効果特殊召喚でき、大抵の下級モンスターに対して力負けしないことを踏まえれば、特別低い数値というわけでもない。

 なお《エーリアン・リベンジャー》は自分フィールド上に1体しか存在できないため、自身の効果などを絡めた大量展開はできない。
 自身のレベルルール効果の都合上、他のエーリアンシンクロ召喚エクシーズ召喚で足並みを揃えにくいという欠点もある。
 いずれにせよ、【エーリアン】の中でも、Aカウンターを利用することに特化した型で用いてこそ真価を発揮する1枚と言えるだろう。

  • 胸部が銃口のようなデザインになっているが、海外版におけるイラスト変更は特に見受けられない。
    なお英語名には「Revenger」とは全く意味の異なる「Overlord(大君主)」という英単語が用いられている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:それぞれの効果分類は何ですか?
A:自身を特殊召喚するのは召喚ルール効果Aカウンターを乗せるのは起動効果モンスター弱体化させるのは永続効果
  そして、1体しか存在できない効果は特に分類のない効果になります。(→ルール効果)(08/11/15)

Q:相手フィールド上に存在するAカウンターを取り除き特殊召喚できますか?
A:はい、可能です。(08/11/15)

Q:Aカウンター置く効果は、Aカウンター置くモンスターをそれぞれ対象にとる効果ですか?
A:いいえ、対象をとらない効果です。(08/11/19)

Q:「自分フィールド上に1体しか表側表示で存在できない効果」を《神禽王アレクトール》効果無効にできますか?
A:はい、無効にできます。
  ただし、2体目の効果に影響は無いので、結果的に2体目の《エーリアン・リベンジャー》は出せません。(08/11/15)


Tag: 《エーリアン・リベンジャー》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 爬虫類族 攻2200 守1600 エーリアン

広告