《エアー・トルピード》

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの水属性Xモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのX素材を1つ取り除き、自分の手札の数×400ダメージを相手に与える。
そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで、この効果で与えたダメージの数値分アップする。
(2):自分の墓地からこのカードと水属性Xモンスター1体を除外して発動できる。
自分はデッキから2枚ドローする。

 ETERNITY CODEで登場した通常魔法
 水属性エクシーズモンスターエクシーズ素材を取り除き、手札枚数に比例したバーン強化を行う効果、このカード水属性エクシーズモンスター墓地コストとした2枚ドロー効果を持つ。

 (1)は自分手札の数×400のバーンエクシーズモンスター強化
 倍率は高く、バーンに加え攻撃力強化戦闘ダメージも見込めるため、手札2枚(800)分程度でも充分な数値になる。
 ダイレクトアタック戦闘ダメージが与えられる前提ならば、強化数値と合わせて手札枚数×400の更に倍の追加ダメージが期待できる。
 手札枚数を増やしてから使えばさらに数値が増えるため、大きなダメージを期待できる。

 条件として水属性エクシーズモンスターの用意が必要なため、エクシーズ召喚直後には手札が減っていることも多い。
 少ない消費で立てる方法の他、《No.101 S・H・Ark Knight》をはじめとする耐性自己再生から引導火力に使うことも見込める。
 水属性No.であれば、《希望の記憶》等で手札を増やすことが可能。
 《バハムート・シャーク》効果使用後に《RUM−リミテッド・バリアンズ・フォース》を用いる他、水属性以外のNo.で数を稼ぐこともできる。

 (2)は墓地コスト発動する2枚ドロー
 墓地リソースを若干消費するがハンド・アドバンテージを2枚稼げるというのは魅力的。
 手札が増えることで2枚目の(1)との相性も良いが、同一ターンで両方は発動できないため、同名カード火力を上げるには向いていない。

 エクシーズ素材として存在するエクシーズモンスターを(1)で取り除けば(2)の発動に繋げられる。
 特にランク3に重ねて出せる《FA−ブラック・レイ・ランサー》と相性が良く、強化によりあちらの戦闘破壊時の魔法・罠除去もサポートできる。
 【バハムート・シャーク】《FA−ブラック・レイ・ランサー》を容易に出せるため相性が良い。

 (1)を発動して次のターンで(2)を狙う場合、墓地のこのカードコスト用のエクシーズモンスターを返しの相手ターンで処理されるリスクはある。
 既に墓地コストが存在しているのならば、デッキ手札から直接墓地へ送って(2)を発動するのも手か。

  • 「トルピード/torpedo」は「魚雷」・「水雷」・「信号雷管」を意味する。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《エアー・トルピード》 魔法 通常魔法

広告