《エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ/Xyz Dimension Splash》

通常罠
セットされたこのカードがゲームから除外された場合、
デッキから水属性・レベル8モンスター2体を特殊召喚できる。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃宣言できず、
効果は無効化され、リリースする事もできない。

 COSMO BLAZERで登場した通常罠
 セット状態で除外された場合、デッキから水属性レベル8のモンスターを2体特殊召喚する効果を持つ。

 セットされた魔法・罠カード除外する効果はあまり多くなく、相手がこのカード除外してくれることは期待できない。
 そのため、自分カード除外することを前提にすべきである。
 除外するカードとしては、単体除去では《フィッシュアンドキックス》《撲滅の使徒》《邪帝ガイウス》等が存在する。
 中でも《コズミック・サイクロン》は単体での汎用性も高く、特にコンボを意識せずとも併用しやすい。
 全体除去カードでは、《アーマロイドガイデンゴー》《破壊竜ガンドラ》などが除外効果を有する。
 また、《マクロコスモス》の影響下では破壊されたあとに除外されるので、《サイクロン》などで破壊された場合も特殊召喚できる。

 特殊召喚対象はレベル8に限定されており、採用しすぎると手札に来て腐る可能性が出てくる。
 また、デッキに該当モンスターが2体残っていないと発動できないため、除外する手段とこれらのモンスターを多めに採用する偏ったデッキ構築にしなくてはならない。
 《軽量化》《強欲なウツボ》等の手札に来たレベル8をデッキに戻す手段も必要になる。

 特殊召喚対象の中でも《海亀壊獣ガメシエル》は、手札に来ても相手モンスターリリースできるので腐る場面は少ない。
 自身を特殊召喚する効果を持つ《カイザー・シースネーク》も相性が良く、墓地同名カードが落ちていればランク4に繋がり、《スパイラルドラゴン》特殊召喚できれば最上級モンスターアドバンス召喚を補助できる。
 その他の候補には、《化合電界》召喚できる《進化合獣ヒュードラゴン》リリース軽減効果を持つ《ブリザード・プリンセス》等が挙げられる。
 このカード除外手段となる《撲滅の使徒》とも相性がいい。
 アイスカウンター関連の最上級モンスター2体が特殊召喚できるので、アイスカウンター主軸のデッキに投入する選択肢もある。
 《アイス・ブリザード・マスター》《スノーダスト・ドラゴン》も自身を特殊召喚する効果を持つので、手札に来てしまっても比較的対応しやすい。

 特殊召喚されたモンスター効果無効になる上に、攻撃宣言リリースができないので、ランク8のエクシーズ素材に使うのが基本的な運用となる。
 自分カードでこのカード除外した場合は基本的に1:1交換にしかならない。
 しかし、《破壊竜ガンドラ》などで全体除去しつつ除外すれば、ランク8をエクシーズ召喚しつつ直接攻撃が可能になる。
 《氷の女王》特殊召喚した場合は、破壊された時の効果発動して墓地魔法カードサルベージできる。
 《スパイラルドラゴン》《ゴギガ・ガガギゴ》リクルートすれば、《サンダーエンド・ドラゴン》エクシーズ召喚する事も可能。

 《伝説の都 アトランティス》がある場合、ランク7のエクシーズ召喚も可能であり、《忘却の都 レミューリア》レベルを上げれば《超弩級砲塔列車グスタフ・マックス》エクシーズ召喚ができる。
 また、《手のひら返し》《ワーム・ホール》等でデメリットを解除することも可能。
 《ザ・カリキュレーター》攻撃力向上に継続的な貢献も可能で、2枚使用して共に並べれば《ザ・カリキュレーター》攻撃力は10000オーバーとなる。

関連カード

イラスト関連

リクルート可能な水属性レベル8のモンスター

収録パック等

FAQ

Q:特殊召喚する効果チェーンブロックが作られますか?
A:はい、作られます。(12/11/19)

Q:ダメージステップ中に除外された場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/11/19)

Q:《マクロコスモス》適用中にセットされたこのカード破壊されて墓地に送られずに除外された場合、このカードの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/11/19)


Tag: 《エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ》 通常罠 エクシーズ

広告