《エターナル・ボンド》

通常罠
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分の墓地の「フォトン」モンスターを任意の数だけ対象として発動できる。
そのモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
相手フィールドの「フォトン」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを得る。
このターン、自分はそのモンスターでしか攻撃宣言できず、
そのモンスターの攻撃力は自分フィールドの「フォトン」モンスターの元々の攻撃力を合計した数値になる。

 PREMIUM PACK 2020で登場した通常罠
 フォトンモンスターを任意の数だけ蘇生できる効果相手フィールドフォトンモンスターコントロール奪取し、発動ターン攻撃制限と強化がかかる効果を持つ。

 (1)はフォトンモンスター蘇生効果
 罠カードの遅さと効果無効の制限はあるものの、「任意の数」という見返りは大きく、最大で1:5交換が可能となる。
 表示形式も自由なので最上級モンスターエクシーズモンスター蘇生してアタッカーにする事も可能。
 一部のエクシーズモンスターは重ねてエクシーズ召喚の素材にも利用できる。
 蘇生先に同名カードを含む事もでき、発動ターンの制約やデメリットも無い完全蘇生なので、罠カードの遅ささえ考慮できれば有用な蘇生カードと言える。

 (2)はフォトンモンスターコントロール奪取効果
 発動自分メインフェイズに限定されており、発動ターンは奪ったモンスターでしか攻撃できないが、他のフォトン攻撃力を全て合算できる。
 (1)とコンボすれば凄まじい攻撃力を得る事も可能であり、1回の戦闘1ターンキルを狙う事も難しくない。

 とは言え、相手フィールドに都合よく対象先が存在する事はまず考えられないため、自分から能動的に送りつける必要がある。
 しかし、【フォトン】【ギャラクシー】送りつけとそこまで相性が良いデッキとも言えず、無理に採用すると事故になりかねない。
 (1)の効果だけでも十分に採用する理由となるので、通常では(2)は無視しても良いだろう。
 (2)を活かす場合は《No.26 次元孔路オクトバイパス》を使うと良く、あちらの直接攻撃によるデメリットを打ち消せる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《エターナル・ボンド》 通常罠

広告