《エレクトリック・ワーム/Electric Virus》

効果モンスター
星3/光属性/雷族/攻1000/守1000
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
相手フィールド上のドラゴン族・機械族モンスター1体を選択し、
エンドフェイズ時までコントロールを得る。

 STRIKE OF NEOSで登場した光属性雷族下級モンスター
 自身を特定の2種族への《洗脳−ブレインコントロール》に変える起動効果を持つ。

 コントロール奪取は強力だが、対象の種族が限定されているため基本的にサイドデッキ向きのカードとなる。
 手札誘発効果のため無効にされにくく、メタを読んで使えば強力なカードとなる。
 フィールド外で発動したモンスター効果によるコントロール奪取耐性のあるカードは少なく、《エヴォルカイザー・ラギア》《侵略の汎発感染》に守られた《ヴェルズ・オピオン》も問題なく奪うことができる。
 ただしエンドフェイズにはコントロールが戻ってしまうため、何らかの処分方法を用意しておく事が望ましい。

 機械族対策カードには他にも《システム・ダウン》《酸の嵐》《電磁ミノ虫》《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》が存在する。
 【種族操作】ではそれらのカードと共に採用するのもよい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカードの効果誘発即時効果ですか?
A:いいえ、起動効果です。

Q:対象に選択したモンスター効果処理時裏側表示になっていた場合、コントロールを奪えますか?
A:その場合、コントロールを得る事はできません。(13/06/14)

Q:対象に選択したモンスター効果処理時ドラゴン族機械族以外の種族になっていた場合、コントロールを奪えますか?
A:その場合、コントロールを得る事はできません。(14/02/06)

広告