《エレメントセイバー・ウィラード/Elementsaber Lapauila Mana》

効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2400/守2100
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札から他のモンスター2体を墓地へ送って発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
このカードの(1)の効果を発動するために墓地へ送った「エレメントセイバー」モンスターの元々の属性によって、
自分フィールドの「エレメントセイバー」モンスター及び「霊神」モンスターに以下を適用する。
●地または風:戦闘では破壊されない。
●水または炎:効果では破壊されない。
●光または闇:相手の効果の対象にならない。

 FLAMES OF DESTRUCTIONで登場した光属性戦士族上級モンスター
 手札からモンスター2体を墓地へ送ることで自身を特殊召喚する起動効果、その特殊召喚効果コストとして墓地へ送ったエレメントセイバー属性に応じてエレメントセイバー及び霊神耐性を与える永続効果を持つ。

 (1)はモンスター手札コスト2枚で自身を手札から特殊召喚する効果
 モンスターであれば特殊召喚自体は可能だが、このサイズのモンスター特殊召喚手札2枚消費は効率が悪い。
 なるべくエレメントセイバーコストにして(2)の効果で2つの耐性を得た状態でフィールドに展開したい。
 《霊神の聖殿》があれば消費を抑えつつ、欲しい耐性に必要な属性エレメントセイバーデッキから墓地へ送ることができる。

 (2)の効果は(1)のコストにしたエレメントセイバー属性に応じて、自身を含めたエレメントセイバー及び霊神耐性を与える効果
 《エレメントセイバー・モーレフ》《エレメントセイバー・ラパウィラ》耐性を与えれば相手の行動を牽制できる。
 相手デッキによってコストを変え有利に立ち回りたい。
 ただ、どの組み合わせの耐性を得られたとしても「対象をとらない破壊以外の除去」には対応できない点に注意。

 基本的には《霊神の聖殿》と併用して(1)の効果墓地を肥やしつつ特殊召喚する事となる。
 《霊神の聖殿》《エレメントセイバー・マカニ》で積極的にサーチしたいところ。
 一応、《霊神統一》効果特殊召喚できることも覚えておくとよい。

  • 英語名の「マナ(Mana)」とは宗教的観念の一種で、非人格的で超自然的な力のこと。
    原始宗教や未開宗教一般にみられる観念であり、この概念の紹介は学界に大きな影響を与えた。

関連カード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:風属性を使い《エレメントセイバー・ウィラード》を特殊召喚しました。
  その後で《スキルドレイン》発動されました。
  《スキルドレイン》破壊された後、「戦闘では破壊されない」効果は有効ですか?
A:はい、有効です。(18/01/27)


Tag: 《エレメントセイバー・ウィラード》 効果モンスター モンスター 星6 光属性 戦士族 攻2400 守2100 エレメントセイバー セイバー

広告