《エンペラー・オーダー/By Order of the Emperor》

永続罠
(1):モンスターが召喚に成功した時に発動する
モンスターの効果が発動した時、この効果を発動できる。
その発動を無効にする。
その後、発動を無効にされたプレイヤーはデッキから1枚ドローする。

 ストラクチャーデッキ−帝王の降臨−で登場した永続罠
 召喚に成功した時に発動する誘発効果を1枚ドローに変換する効果を持つ。

 自分カードに対して使用できるため、のような強制効果持ちのモンスター召喚したい場合に、除去したいカードが無い時などに役立つ。
 また相手の厄介なモンスター効果を使われるくらいならドローさせてでも無効にしたい時に使うのもいいだろう。
 任意効果強制効果かを問わず、また召喚したモンスター自身の効果でなくとも良いため、その適用範囲は意外と広い。

 自分相手召喚を行った際に、反応して手札から特殊召喚できるカード相手に見せるだけで1ドローが行える。
 これらの効果召喚に反応しての誘発効果であるため、このカード発動条件を満たしている。
 そして、無効にするだけで破壊はしないので、カード手札を離れることはない。

 自分モンスター召喚成功時に誘発効果発動した場合、優先権が1度相手に移る。
 この時、《奈落の落とし穴》などの召喚誘発に限らず何かをチェーンに挟まれれば、このカード発動できない。
 他の多くの効果無効化系カウンターカードと同じく、標的とする効果チェーンブロックの直後にこのカードチェーンブロックを置かなければならないのである。
 召喚成功時に発動するものが複数存在する場合は、「同時に複数のカードが発動した場合」を参考にするといいだろう。

 また、《王虎ワンフー》とのシナジーは抜群によい。
 自分が低攻撃力モンスター召喚した場合の破壊効果無効にして、1枚のドローが可能になる。
 ただし、特殊召喚時に《王虎ワンフー》効果発動する場合はこのカードは使えないので注意すること。

 【ガジェット】【アルカナフォース】など、召喚誘発効果を持つモンスターが多いカテゴリでは採用の余地があるだろう。
 スピリット妖仙獣下級モンスターは、召喚手札に戻るのでドローソースとして繰り返し使えるため相性が良い。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:チェーンブロックを作る効果ですか?
A:はい、召喚成功時に発動する効果モンスター効果の発動に対して発動しますので、チェーンブロックが作られます。(07/12/15)
  また、スペルスピードは2になります。(08/01/22)

Q:このカードセットされている状態の時に召喚成功時に発動するモンスター効果の発動に対してこのカード発動してその発動無効にすることができますか?
A:はい、モンスター効果の発動無効にできます。(07/12/16)

Q:「1:《氷帝メビウス》」「2:《死霊騎士デスカリバー・ナイト》」というチェーンになった場合、チェーン3で《エンペラー・オーダー》を発動できますか?
A:効果モンスター効果の発動に対して、直接チェーンを組むことができませんので、このカード発動することはできません。(07/12/15)

Q:《王虎ワンフー》に対して発動できますか?
A:はい、攻撃力1400以下のモンスター召喚されて《王虎ワンフー》効果発動した場合なら発動できます。しかし、モンスター特殊召喚された場合には発動する事ができません。(07/12/15)

Q:《天帝アイテール》チェーン2に発動した自身の(2)の効果アドバンス召喚されました。
  この《天帝アイテール》発動した(1)の効果チェーンしてこのカードの効果発動できますか?
A:直接チェーンできるなら可能です。(15/10/31)

Q:デッキが0枚のプレイヤーモンスター効果に対して発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(07/12/15)

Q:すでに発動している(表側表示で存在する)《エンペラー・オーダー》の効果ガジェット効果はどのように処理を行うのですか?
A:まず、誘発するガジェット効果チェーンに載せて、その後に《エンペラー・オーダー》を発動します。(08/02/07)

Q:自分フィールド上に《光の結界》発動しており、自身の効果無効化されていない時にアルカナフォースと名の付いたモンスター召喚した場合、召喚したモンスター効果に対して《エンペラー・オーダー》を発動する事が出来ますか?
A:いいえ、《光の結界》適用下ではアルカナフォースと名の付いたモンスター召喚成功時に発動する効果《光の結界》によって決定される効果になるため、効果モンスター効果の発動として扱われません。
  よって、《エンペラー・オーダー》を発動することは出来ません。(09/02/18)

Q:効果解決時効果処理を行えないモンスター効果無効にしてドローすることは可能ですか?
A:はい、可能です。(12/02/27)

Q:自分フィールド上に《エンペラー・オーダー》が表側表示で存在しています。相手フィールド上に《A・ジェネクス・クラッシャー》が存在する時に、相手《終末の騎士》召喚任意効果)、または《邪帝ガイウス》アドバンス召喚強制効果)しました。
  この時、チェーン《邪帝ガイウス》チェーン2《エンペラー・オーダー》チェーン《A・ジェネクス・クラッシャー》として発動できますか?
A:いいえ、チェーン1に《邪帝ガイウス》チェーン2に《A・ジェネクス・クラッシャー》効果発動され、《エンペラー・オーダー》はチェーン3でしか発動できません。
  《邪帝ガイウス》ではなく《終末の騎士》の場合でも、チェーン1と2を任意の順番で決めた後にでしか《エンペラー・オーダー》は発動できません。(11/08/29)

Q:相手フィールド《王虎ワンフー》が存在しています。自分は《エンペラー・オーダー》が存在する状態で《終末の騎士》召喚しました。
  この時、チェーン《王虎ワンフー》チェーン2《エンペラー・オーダー》・チェーン《終末の騎士》とする事は出来ますか?
A:いいえ、この場合《終末の騎士》効果発動した時は、チェーン2で発動する事になりますので《王虎ワンフー》効果チェーンする事ができません。(11/08/29)

Q:自分フィールド発動した《氷帝メビウス》に対してこのカード発動し、それにチェーンをして《エネミーコントローラー》効果《氷帝メビウス》コントロール相手に移った場合、どちらのプレイヤードローしますか?
A:その場合でも《氷帝メビウス》効果発動した自分ドローします。(12/06/27)

Q:表側表示で存在するこのカードは同一チェーン上で複数回効果発動できますか?
  例:チェーン《レッド・ガジェット》チェーン2《エンペラー・オーダー》、チェーン《カゲトカゲ》チェーン4《エンペラー・オーダー》
A:発動できます。(12/09/19)

Q:自分フィールド上に《コアキメイル・ドラゴ》と《エンペラー・オーダー》が存在している時、自分モンスター召喚した場合、手札《カゲトカゲ》を見せることによりカードドローすることができますか?
A:いいえ、《コアキメイル・ドラゴ》効果によって《カゲトカゲ》効果の発動自体ができません。(13/04/26)

Q:《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースして《エレキテルドラゴン》アドバンス召喚し、その召喚成功時に《聖刻龍−トフェニドラゴン》リリースされた時の効果発動しました。
この《聖刻龍−トフェニドラゴン》効果に対して《エンペラー・オーダー》や《畳返し》チェーンして発動できますか?
A:結果として《聖刻龍−トフェニドラゴン》召喚成功時に発動していますが、《切り込み隊長》の様に、発動タイミングが召喚成功時でのみ発動できる誘発効果では無い為、《エンペラー・オーダー》や《畳返し》発動する事はできません。(14/06/20)


Tag: 《エンペラー・オーダー》 永続罠

広告