《エヴォルダー・ディプロドクス/Evolsaur Diplo》

効果モンスター
星4/炎属性/恐竜族/攻1600/守 800
このカードが「エヴォルド」と名のついた
モンスターの効果によって特殊召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在する魔法・罠カード1枚を選択して破壊する。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した炎属性恐竜族下級モンスター
 エヴォルダーの1体であり、エヴォルドによる特殊召喚に成功した時、相手魔法・罠カード破壊する誘発効果を持つ。

 魔法・罠除去コストは無く、アドバンテージを得られる。
 強制効果なのでタイミングを逃さず自分カード破壊する心配も無い。
 エクシーズ召喚《エヴォルダー・ケラト》攻撃を安全に通すためにも、このカードで事前に除去しておきたい。

 しかし、一度エヴォルドを経由する必要があるため、《サイクロン》等に比べて手間がかかる。
 このカード自身が《奈落の落とし穴》等に除去される可能性もあるだろう。
 ダメージステップ発動する《エヴォルド・ゲフィロス》《エヴォルド・ウェストロ》からの特殊召喚であれば妨害されにくいので、積極的に狙っていきたい。
 また、普段はバニラ同然で、ステータスアタッカーとしては不充分なので、採用枚数には注意したい。

  • 「ディプロドクス」とは、ジュラ紀後期に北アメリカ大陸に生息していた大型の草食恐竜である。
    全長は最大で27m程と、ブラキオサウルスすら凌ぐ巨体を有したが、骨などの軽量化が成功して体重は10t程度に収まり、同系統の恐竜よりもかなり軽い。
    長い尻尾は強力な武器にもなったとされる。
  • 白亜紀に生息していた「サルタサウルス」などの竜脚類が背中に骨盤による装甲を有していたが、ディプロドクスにはこのカードとは違いそういったものはなかった。

関連カード

―《エヴォルダー・ディプロドクス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《エヴォルダー・ディプロドクス》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 恐竜族 攻1600 守800 エヴォルダー

広告