《エヴォルド・プレウロス/Evoltile Pleuro》

効果モンスター
星1/炎属性/爬虫類族/攻 200/守 200
このカードが自分フィールド上で破壊され墓地へ送られた場合、
手札から「エヴォルダー」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。

 ORDER OF CHAOSで登場した炎属性爬虫類族下級モンスター
 エヴォルドの1体であり、自分フィールド上で破壊された場合に手札からエヴォルダー特殊召喚する誘発効果を持つ。

 他のエヴォルドと同じくエヴォルダー特殊召喚する効果を持つが、手札からの特殊召喚なのでアドバンテージを得られない。
 手札からの特殊召喚ならば速攻性がある上に破壊される必要のない《エヴォルド・オドケリス》も存在する。
 発動条件破壊であるため、《進化の分岐点》《毒蛇の供物》で自発的な発動が可能だが、これも効果使用済の《エヴォルド・オドケリス》で十分であろう。
 一方、特殊召喚した場合でも効果発動できるので、《リミット・リバース》から自壊して効果を使える。
 《進化への懸け橋》《強制退化》を使用するのもいいだろう。

 また炎属性守備力200のモンスターなので《フレムベル・パウン》《フレムベル・ヘルドッグ》《真炎の爆発》等のサポートを受けることが可能である。

  • イラストを見る限り、おそらく名前の由来はジュラ紀中期から後期に生息していた巨大海洋爬虫類の「リオプレウロドン」だろう。
    全長は12m〜25mで、首が長いタイプのプレシオサウルスと違い、プリオサウルス類に属する首が短いタイプの首長竜であり、3mにも達する下顎の骨が発見されている。
    当時の海の覇者であり、リードシクティスなどの巨大な魚類をも捕食した、食物連鎖の頂点に立っていた生物である。
    しかし、海の覇者の割にはレベルステータス共に非常に低い。

関連カード

―《エヴォルド・プレウロス》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカード自分フィールド上で破壊され墓地へ送られた場合、このカードの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(11/11/19)

Q:相手が自分の《エヴォルド・プレウロス》を対象《洗脳−ブレインコントロール》を発動しました。
それにチェーンして《おジャマトリオ》発動し、相手フィールドが全て埋まった場合、《エヴォルド・プレウロス》は「自分フィールド上」で破壊された扱いになりますか?
A:はい、《エヴォルド・プレウロス》は「自分フィールド上」で破壊された扱いになり効果発動できます。(16/04/25)


Tag: 《エヴォルド・プレウロス》 効果モンスター モンスター 星1 炎属性 爬虫類族 攻200 守200 エヴォルド

広告