《オーバーテクス・ゴアトルス/Overtex Qoatlus》

特殊召喚・効果モンスター
星7/闇属性/恐竜族/攻2700/守2100
このカードは通常召喚できない。
除外されている自分の恐竜族モンスター5体をデッキに戻した場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):1ターンに1度、相手が魔法・罠カードを発動した時に発動できる。
自分の手札・フィールドの恐竜族モンスター1体を選んで破壊し、その発動を無効にし破壊する。
(2):このカードが効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「進化薬」魔法カード1枚を手札に加える。

 EXTREME FORCEで登場した闇属性恐竜族特殊召喚モンスター
 魔法・罠カード発動無効にする誘発即時効果進化薬魔法カードサーチを行う誘発効果を持つ。

 《ディノインフィニティ》の存在から恐竜族には除外手段がある程度用意されているが、それでも恐竜族5体を除外しておくのはやや厳しい。
 ディスアドバンテージ覚悟で召喚条件を満たすか、もしくは《究極進化薬》召喚条件を無視しての特殊召喚を狙うかになるだろう。
 正規召喚を狙うのならば、《幻創のミセラサウルス》恐竜族4体を除外して《魂喰いオヴィラプター》リクルートしてこのカードサーチするのが最も効率的か。
 あるいは特殊召喚を狙わず(2)の効果のみを目当てにする手もある。

 (1)の効果恐竜族を消費する魔法・罠カードへのカウンター効果
 《究極伝導恐獣》と同様に《ベビケラサウルス》等とのコンボが狙える。
 フィールド召喚した《暗黒プテラ》であれば何度も利用可能。
 自身を破壊して(2)の効果に繋ぐのもいいだろう。
 モンスター効果には対応していないが《エルシャドール・ミドラーシュ》特殊召喚封じのカードとの併用でカバーでき、(2)の効果にも繋げられる。
 これに【シャドール】出張させた混合デッキ【恐竜シャドール】である。

 (2)は効果墓地へ送られた場合に進化薬サーチする効果
 《究極進化薬》サーチしつつ、このカード墓地コストとして使用できる。
 【恐竜族】では《魂喰いオヴィラプター》《究極伝導恐獣》の(1)の効果を用いるのが簡単。
 《究極進化薬》恐竜族以外の種族墓地コストに要求するため、《終末の騎士》《影依融合》などでこのカード墓地へ送りつつ他種族の墓地コストを確保したい。

  • モチーフは白亜紀後期に北アメリカに棲息していた翼竜「ケツァルコアトルス」だろう。
    その名はアステカ神話に登場する神「ケツァルコアトル」にちなんで名づけられた。
    史上最大の翼竜で全長はプテラノドンを上回る。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《オーバーテクス・ゴアトルス》 特殊召喚モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 恐竜族 攻2700 守2100 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告