《オイラーサーキット》

フィールド魔法
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「ティンダングル」モンスターが3体以上存在する場合、
相手モンスターは攻撃できない。
(2):自分スタンバイフェイズに、自分フィールドの「ティンダングル」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールを相手に移す。
(3):墓地のこのカードを除外し、手札から「ティンダングル」カード1枚を捨てて発動できる。
デッキから「オイラーサーキット」1枚を手札に加える。

 EXTREME FORCEで登場したフィールド魔法
 ティンダングルが3体以上存在する場合に相手攻撃を封じる効果ティンダングルモンスター相手送りつけ効果同名カードサーチする効果を持つ。

 (1)は相手攻撃ロックする効果
 《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》ティンダングルトークン特殊召喚し、他に1体ティンダングルを出せば条件は満たせる。
 《ティンダングル・ドロネー》セットし、全てリバースさせて適用するのもいい。

 (2)はスタンバイフェイズティンダングル送りつけ効果
 《ティンダングル・ハウンド》《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》は自身の効果により高い攻撃力を得やすく、ティンダングルトークンなどの低攻撃力ティンダングル送りつければ、大きな戦闘ダメージを与えることはできる。
 しかし、送りつけるのがスタンバイフェイズであり、戦闘破壊してダメージを狙うには、「相手ターン中にティンダングルモンスター攻撃表示フィールドに残す」必要がある。
 (1)の効果ティンダングルトークン攻撃表示のまま守って維持すれば、攻撃表示送りつけることはできるが、このカード除去されると攻撃されるリスクが残る。
 相手ターン中に《リビングデッドの呼び声》ティンダングルモンスター蘇生させるなどの方法が実用的か。
 《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》は、相手墓地ティンダングルが存在しなければ攻撃力0となるため、送りつけに適する。
 さらにメインモンスターゾーンに出るため、リンク先モンスターが存在することもない。

 (3)は《ナーゲルの守護天》と同様の効果
 デッキから大量に墓地へ送る手段を併用すれば、手札ティンダングルコストサーチとして機能する。

 (1)、(2)の効果《ティンダングル・アキュート・ケルベロス》ティンダングルトークンと相性が良く、あちらとの併用を前提とした効果と考えられる。

  • オイラーサーキット(Euler Circuit,和名:オイラー閉路)とは、グラフ理論において、グラフの全ての辺を通ってスタート地点に戻ってくるパスのことをいう。
    (端的にいえば、ある点からスタートしてその場所に帰ってきて終わることのできる一筆書きの図形である)
    このカードイラストにおいて、波打った青白い光で描かれているものがオイラーサーキットの一例である。
    (1)の効果相手モンスターをスタート地点に戻して自分モンスターに辿り着かせずに攻撃出来ないようにしているのだろうか。
  • (1)の効果適用されている間はPlaymakerの足元に文様が浮かんでいた。

関連カード

収録パック等


Tag: 《オイラーサーキット》 魔法 フィールド魔法

広告