《オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン/Odd-Eyes Advance Dragon》

効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3000/守2500
このカードはレベル5以上のモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊し、
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
(2):このカードが戦闘でモンスターを破壊した時に発動できる。
自分の手札・墓地から「オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン」以外の
レベル5以上のモンスター1体を選んで守備表示で特殊召喚する。

 20th ANNIVERSARY DUELIST BOXで登場する闇属性ドラゴン族最上級モンスター
 アドバンス召喚リリースを軽減する効果外テキストアドバンス召喚に成功した場合に相手モンスター1体を破壊元々の攻撃力分のダメージを与える効果戦闘破壊した時に同名カード以外のレベル5以上のモンスター1体を特殊召喚する効果を持つ。

 レベル5以上のモンスターを1体をリリースしてアドバンス召喚できる効果外テキストを持つ。
 【オッドアイズ】ならばペンデュラム召喚レベル5以上のモンスターを用意することで少ない損失でアドバンス召喚できる。
 【オッドアイズ】でなくとも、《サイバー・ドラゴン》《簡易融合》レベル5をだすなどの手段を併用するデッキなら簡単にアドバンス召喚を狙える。

 変わった所では【帝王】に入れても面白い動きをする。
 アドバンス召喚しただけでなく、《真源の帝王》1枚でもアドバンス召喚できるため、最上級よりも緩い条件で出す事ができる。
 コンセプト上高レベルモンスターを多用する為、(2)の効果を使える機会も多いだろう。

 (1)は、アドバンス召喚に成功した場合に、相手モンスター1体を選んで破壊してその元々の攻撃力分のダメージを与える効果
 この効果により、アドバンス召喚で失ったカード・アドバンテージを即座に取り返す事ができる。
 また、近年は《ヴァレルロード・ドラゴン》のような高い攻撃力を持ち、効果の対象にならないモンスターが頻繁に特殊召喚されるので、対象をとらない効果であるこれは大きな効果ダメージも期待できる。

 (2)は、戦闘モンスター破壊した時に、手札墓地から同名カード以外のレベル5以上のモンスター守備表示特殊召喚できる効果
 超重武者のような守備表示のまま攻撃できる効果《軍神ガープ》のような表示形式を変更する効果を持つものでなければ追撃することはできないため、モンスター効果を活かせるものを特殊召喚したい。
 レベル8のモンスター特殊召喚すればメインフェイズ2でエクシーズ召喚も狙える。
 ペンデュラムモンスター主体の【オッドアイズ】であっても、《オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴン》《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》墓地へ落ちている可能性は高く、そうでなくても手札からの特殊召喚が行えるので腐る事はないだろう。

 オッドアイズの名を持つので《天空の虹彩》によるサーチ《オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン》によるリクルートにも対応している。
 無用なタイミングで手札に来るとアドバンス召喚しにくく、レベル8なのでペンデュラム召喚もしづらく処理に困るため、採用枚数は少な目で問題ないだろう。

 ステータスの関係上《ドラゴン・目覚めの旋律》サーチすることも可能である。
 《Sin 青眼の白龍》など、自己特殊召喚可能なレベル5以上のドラゴン族を一緒にサーチすることで即座にアドバンス召喚することも狙える。

  • アニメARC-Vでは、ズァーク及び彼から分かたれた4人が「○○・(召喚方法)・ドラゴン」という命名法則を持つドラゴン族モンスターをエースとして使用している。
    作中ではアドバンス召喚の召喚方法を冠するドラゴン族は出てこなかったため、その補完を意識してデサインされたものと思われる。
    それらのモンスターはアニメにおいて、「レベル5以上のモンスター」に関連する効果を持つという共通点があり、このカードも(2)の効果などにその特徴が見られる。

関連カード

―(1)の類似効果

―命名法則の似たモンスター

収録パック等


Tag: 《オッドアイズ・アドバンス・ドラゴン》 モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3000 守2500 オッドアイズ

広告