《オルフェゴール・カノーネ》

チューナー・効果モンスター
星1/闇属性/機械族/攻 500/守1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。
手札から「オルフェゴール・カノーネ」以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性機械族下級モンスターチューナー
 墓地の自身をコスト手札から同名カード以外のオルフェゴール特殊召喚する起動効果を持つ。

 墓地以外ではバニラ同然のためリンク素材オルフェゴール魔法カード等で墓地へ送り、自身の効果に繋げるのが基本となる。
 除外された後はオルフェゴールリンクモンスター効果《闇次元の解放》へ繋げられる。
 また、《終末の騎士》《ダーク・グレファー》デッキから直接墓地へ送ることも可能。
 発動後は共通デメリットにより闇属性以外の特殊召喚が封じられるが、デッキ構築の段階から意識しておけばさほど苦しい制限ではない。
 《オルフェゴール・バベル》が存在する場合は相手ターンでも特殊召喚ができるため、デメリットはほぼなくなる。

 このモンスターチューナーであり、シンクロ召喚の他《水晶機巧−ハリファイバー》リンク召喚に利用できる。
 ただし、オルフェゴール墓地効果を使用すると水属性《水晶機巧−ハリファイバー》は出せなくなるため、オルフェゴール主体とする場合の運用には気をつけたい。
 シンクロ召喚に用いる場合、闇属性シンクロモンスターは、《アクセル・シンクロン》《TG ハイパー・ライブラリアン》など有用なものが多いので候補には困らないだろう。

 このカードの固有効果手札からの特殊召喚
 他の2体のオルフェゴールサーチが利きづらく、手札からなのでディスアドバンテージになりがちだが、展開を早めるためにあって困る効果ではない。
 このカード自身は低ステータスチューナーということもあり、サポートカードが豊富。
 時には除外せず、墓地から使いまわすことも視野に入れておきたい。

 《機械複製術》に対応していることが特長であり、自身の効果と合わせてオルフェゴールリンクモンスターを始めとした高リンクモンスターに繋ぎやすくなる。

  • カード名の由来は音楽の「カノン」であろう。
    「カノン」については《幻奏の音女カノン》を参照。
    トランペットのベルが筒のように突き出た意匠から、大砲を意味するドイツ語「カノーネ(Kanone)」とも掛かっていると思われる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《オルフェゴール・カノーネ》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星1 闇属性 機械族 攻500 守1900 オルフェゴール

広告