《オレイカルコスの結界(けっかい)/The Seal of Orichalcos》

フィールド魔法
このカード名のカードはデュエル中に1枚しか発動できない。
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分フィールドに特殊召喚されたモンスターが存在する場合、
そのモンスターを全て破壊する。
(2):自分はEXデッキからモンスターを特殊召喚できない。
(3):自分フィールドのモンスターの攻撃力は500アップする。
(4):自分フィールドに表側攻撃表示モンスターが2体以上存在する場合、
自分フィールドの攻撃力が一番低いモンスターを相手は攻撃対象に選択できない。
(5):このカードは1ターンに1度だけ効果では破壊されない。

 EXTRA PACK 2012で登場したフィールド魔法
 3つのメリット効果と2つのデメリット効果及びデメリットとなる効果外テキストを持つ。

 (3)(4)(5)によるメリットはそれぞれ、自軍のモンスター全体強化《ガリトラップ−ピクシーの輪−》と同等の攻撃制限、自身の破壊耐性であり、いずれも悪くない性能である。
 まず、(3)により種族属性を問わず自分モンスター全てを全体強化できるので、条件なく戦闘能力を底上げできる。
 そして攻撃力の上昇したモンスター攻撃力の低いモンスターを守る(4)の効果により、戦闘破壊されにくくなり、同攻撃力モンスターのみが複数存在すれば攻撃ロックできる。
 更に(5)により自身は1ターンに1度破壊耐性を持つため、破壊されやすいフィールド魔法でありながら除去されにくい。
 個々の効果の影響力は大きくはないが、3つの効果同士の相性が良く、戦闘面では大きく強化される。

 一方で効果外テキストと(1)(2)によるデメリットも、それぞれ影響力が極めて大きい。
 (1)により自身の発動時に特殊召喚されているモンスター破壊されるため、発動できる状況が大きく限定されることになる。
 (2)によりエクストラデッキからモンスターを一切特殊召喚できなくなるため、シンクロ召喚エクシーズ召喚等が使えず、戦術の幅が大きく制限される。
 デュエル中に1度しか発動できないため、このカード除去された場合の立て直しが難しく、フィールド魔法でありながら3枚フル投入しにくい。

 総じて、エクストラデッキに比重を置くデッキでは使いにくく、メインデッキモンスターを主体とするデッキに適したカードと言える。
 ただし、デュエル中に1度しか発動できない制約によりこのカードのみに依存したデッキは作れない。
 相性の良いデッキピン挿しするか、他のフィールド魔法を使うデッキに投入して《テラ・フォーミング》《メタバース》で使い分ける形となる。
 以下に相性の良いデッキカードを挙げる。

  1. 【Sin】【地縛神】フィールド魔法への依存性が強く、破壊耐性が役立つ。
  2. 【アドバンス召喚】エクストラデッキへの依存度が比較的低く、《進撃の帝王》などともデメリットが被るため2つのデメリットによる影響が小さい。
    《虚無魔人》《威光魔人》など、維持することが大切なモンスター強化できるのもありがたい。
  3. 【メタビート】:特殊召喚をあまり使わない。
    《フォッシル・ダイナ パキケファロ》など、ステータスは低いが、維持したい効果を持つモンスターを守りやすくなる。
    【岩石メタビ】においては主力となる岩石族コアキメイルがいずれも攻撃力1900であり、同攻撃力を並べる事によるロックを形成しやすい。
  4. 【チェーンビート】下級モンスター《ヴェルズ・サンダーバード》《ゼンマイラビット》が主力。
    いずれも特殊召喚されたモンスター破壊するデメリットを自身の効果で回避できる。
  5. 【カオスドラゴン】【炎王】メインデッキモンスターが主力。
    なおかつ破壊後に墓地発動する効果を持ち、デメリットを軽減できる。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDM「ドーマ編」のキーカード
    世界を牛耳り、現代文明の破滅を目論む秘密結社「ドーマ」の構成員のみが持つカードであり、敗者の魂を奪いオレイカルコスの神への生け贄とする。
    劇中では「エノク語」と呼ばれる特殊な言語でテキストが書かれていた。
    デュエルにおける初登場は「闇遊戯vsグリモ」戦。
    後述する数々の反則的とも言うべき強力効果と超自然的な能力により闇遊戯を追い詰めるほどの力を見せつけた。
    その後もドーマ編のほとんどのデュエルで登場し、表遊戯や城之内、海馬、ドーマの三銃士など、数多くのデュエリストの魂を奪っていった。
  • このカード発動時の演出は次の2通りが存在する。
    • 上空から文字盤が回転しながら降りてきて、着地後に六芒星が描かれるパターン。
      「闇遊戯vsグリモ」、「海馬vsアメルダ」(1戦目)、「闇遊戯vsオレイカルコス・ソルジャー」、「城之内vsヴァロン」、「城之内vs舞」(2戦目)が該当。
      オレイカルコス・ソルジャー以外のドーマの構成員の場合、装着したデュエルディスクの外周部の文字盤から、このカードイラスト外周部と同様の光が浮かび上がり、その光が回転し、直後に上空に文字盤が出現する。
      ちなみに、「城之内vs舞」(2戦目)では六芒星の描かれ方が異なっていた。
    • 発動者の足元に結界が出現し、その後相手プレイヤーの方向へ広がるパターン。
      「城之内vs舞」(1戦目)、「闇遊戯vsラフェール」(1戦目)、「城之内vsダイナソー竜崎」、「闇遊戯vsインセクター羽蛾」、「闇遊戯vs表遊戯」、「海馬vsアメルダ」(2戦目)、「闇遊戯vsラフェール」(2戦目)、「闇遊戯&海馬vsダーツ」が該当。
  • 作中ではサポートカードである魔法カード《オレイカルコス・デウテロス》と《オレイカルコス・トリトス》が登場し、「オレイカルコスの三重結界」と呼ばれる形態になった。
    ちなみに「デウテロス」と「トリトス」はそれぞれギリシャ語で「二番目」と「三番目」という意味である。
  • 作中で最初に使用したグリモは発動時に、「その神秘なる力が我の力となるよう、我と我が敵を、聖なる刻印の庭で囲め!《オレイカルコスの結界》発動!」という口上を述べている。
    モンスターカード以外でこの様な口上があるカードは珍しい。
  • 英語版公式サイトによれば、「《オレイカルコスの結界》が流行のデッキに使用され1ターンキルを助長する事になってはならない」と考え、これらをモチーフにエクストラデッキの利用を制限する効果OCGに付与したとのこと。
  • ドーマ編では殆どのデュエルで使用されているパワーカードだが、このカード発動したデュエリストの多くはそのデュエルで敗北している。
    シリーズ通して負けデュエルが殆ど無い闇遊戯ですら、「vsラフェール」(1戦目)で発動した上で敗北している。
  • 上記の通りアニメでは度々登場しているにも関わらず、OCG化されるまで実に9年もかかった。
  • アニメDMのサウンドトラックに「オレイカルコスの結界」というタイトルの曲が存在する。
    この曲は、「闇遊戯vs表遊戯」以外の全てのこのカード及び《オレイカルコス・トリトス》の発動シーンで使用された。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

―使用可能カード

―使用不可カード

  • Upper Deck Entertainment Promotional Cards SEAL-EN001

FAQ

Q:「デュエル中に1度しか発動できない」制約は、お互いプレイヤーに課せられますか?
  たとえば、自分が《オレイカルコスの結界》を発動した場合、それ以降相手は《オレイカルコスの結界》を発動できなくなりますか?
A:いいえ、「デュエル中に1度しか発動できない」制約はプレイヤー1人にのみ課せられます。
  よって自分が《オレイカルコスの結界》を発動した後でも、相手は《オレイカルコスの結界》を発動できます。(12/10/13)

Q:《スターダスト・ドラゴン》発動無効にできますか?
A:自分フィールド上に破壊されるモンスターが存在する場合、《スターダスト・ドラゴン》効果でこのカード発動無効にして破壊出来ます。(12/10/14)

Q:フィールド上に《オレイカルコスの結界》が存在する時に《高等紋章術》発動できますか?
A:発動できません。(12/11/18)

Q:《終焉の地》効果でこのフィールド魔法発動した場合、発動時の特殊召喚されたモンスター破壊する効果の処理は、どうなりますか?
A:《終焉の地》効果でこのフィールド魔法発動した場合、特殊召喚されたモンスター破壊する効果適用せずに、フィールドにこのカードが出る事となります。(12/10/18)

Q:一度このカードを通常通り発動し、破壊されました。
  その後で《終焉の地》を使い、2枚目の《オレイカルコスの結界》を場に出す事は可能ですか?
A:《終焉の地》効果フィールド魔法を出す事も発動に該当するため、2枚目の《オレイカルコスの結界》を場に出す事はできません。(12/10/24)

Q:特殊召喚されたモンスターを全て破壊する処理は、このカード発動する際のチェーンブロックにて処理を行うのですか?
A:はい、カードの発動で発生したチェーンブロック効果処理時破壊を行います。(12/10/22)

Q:特殊召喚されたデュアルモンスター再度召喚しました。
  このカード発動された時、そのデュアルモンスター破壊されますか?
A:はい、破壊されます。(12/10/22)

Q:カードの発動《マジック・ジャマー》無効にされた場合、2枚目の《オレイカルコスの結界》を発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/10/24)

Q:特殊召喚されたモンスター破壊された時、《機皇帝ワイゼル∞》特殊召喚できますか?
  (破壊の後に500ポイントアップの処理が入りタイミングを逃す事になりますか?)
A:はい、特殊召喚できます。(12/10/24)

Q:このカード発動チェーン《サイクロン》などで効果処理の時にこのカードフィールド上に存在しない場合でも特殊召喚されたモンスター破壊されますか?
A:いいえ、その場合は破壊されません。(12/10/24)

Q:このカード発動チェーン《サイクロン》発動されこのカード対象にされた場合、破壊耐性効果適用する事ができますか?
A:いいえ、適用する事ができずこのカード破壊されます。(14/10/23)

Q:このカードの発動チェーンして、《リビングデッドの呼び声》発動した場合、新たに特殊召喚されたモンスター破壊されますか?
A:破壊されます。(16/08/26)


《-/The Seal of Orichalcos》

Field Spell(使用不可カード)
This Spell Card is impervious to negation, destruction, and removal. 
Increase the ATK power of all your monsters by 500.
You control a back row of monsters that cannot be attacked while a monster is in the front row.
Send this card from your hand to the Graveyard to negate and destroy any card.
The soul of whichever Duelist loses this Duel is forfeit to the winner.
日本語訳
フィールド魔法
このカードはいかなる場合にも無効にならず、破壊および除外することもできない。
自分フィールド上に存在するモンスターは攻撃力が500ポイントアップする。
自分フィールド上に前衛モンスターが存在する限り、後衛モンスターを攻撃することはできない。
このカードを手札から墓地に送る事で、あらゆるカードを無効にし破壊する。
このデュエルに敗北したデュエリストは勝者に魂を奪われる。

 UpperDeck社が2005年に配布したプロモカード
 無効破壊除外に対する耐性自分モンスター強化する効果魔法&罠カードゾーンモンスターを配置できる効果、あらゆるカード無効にし破壊する効果、敗者の魂を奪う効果を持つ。

 アニメDMオリジナルエピソード「ドーマ編」にて登場した《オレイカルコスの結界》をそのまま再現している。
 無効破壊除外耐性を持つ非常に強固なフィールド魔法だが、バウンス墓地へ送る効果には無力である。


Tag: 《オレイカルコスの結界》 魔法 フィールド魔法

広告