《ガーゴイル/Ryu-Kishin》

通常モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1000/守 500
石像と思わせ、闇の中から攻撃をする。
逃げ足も素早い。

 BOOSTER1で登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 《バロックス》融合素材

 レベル3以下・悪魔族通常モンスターでは《深淵の冥王》に次ぐ攻撃力を持つが、《キング・スモーク》《キラー・ザ・クロー》《魔天老》はこのカードより守備力が高い。
 《E・HERO プリズマー》に対応する点は《魔天老》も同じではあるが、《バロックス》《簡易融合》に対応するため、併用の際はエクストラデッキの圧迫を回避できる利点はある。
 もっとも、それぞれのレベルが分散するため、実際にこれらを活用したデッキを構築するのは難しい。

 正規融合するメリットはほぼないので、融合素材としては《キラーパンダ》共々お払い箱になりやすい。
 闇のプレイヤーキラーのファンデッキなら《バロックス》《融合呪印生物−闇》起動効果や、《ダーク・フュージョン》等で特殊召喚できる。

  • ファンタジー作品において「ガーゴイル(Gargoyle)」は「動く石像」として扱われる事が多いが、元々は欧州で魔よけとして屋根に飾られる怪物の石像のことである。
    だいたいは背中にコウモリのような翼を持つ怪物として造られているが、ドラゴンに近いものや人と鳥のキメラに近いものもある。
    元々は雨どいが装飾化したもので、雨が降ると口から雨水が流れ出す仕組みになっている。
    その外見は、前述の通り「悪魔には悪魔を」という魔よけのためや、教会においては「不敬者を喰い殺す教戒的な存在だから恐ろしい姿をしている」という天の邪鬼のような存在だからだとも言われている。
    そういった事情もあり、悪魔の中でも人々に身近な存在となっている。
  • OCGでのイラストは原作2巻のコマから抜粋したもの。
    元々このイラストはGB版遊戯王の付属コレクションカードで用いられ、後にOCGに流用された経緯を持つ。
    現時点で原作のイラストでのOCG化はなされていない。
  • 原作・アニメにおいて―
    記念すべき最初のデュエル「遊戯vs海馬」戦において、海馬が最初に使ったカード
    「ホギャアアア」という情けない悲鳴をあげながら、《暗黒の竜王》にあっさり倒された。
    闇のゲームで初めてソリッドビジョン化し、初めて破壊されたモンスターである。

関連カード

融合関連

―ガーゴイルのモンスター

収録パック等


Tag: 《ガーゴイル》 モンスター 通常モンスター 星3 闇属性 悪魔族 攻1000 守500

広告