《ガーディアン・グラール/Guardian Grarl》

効果モンスター
星5/地属性/恐竜族/攻2500/守1000
「重力の斧−グラール」が自分のフィールド上に存在する時のみ、
このカードは召喚・反転召喚・特殊召喚する事ができる。
手札にこのカード1枚しかない場合、手札からこのカードを特殊召喚する事ができる。

 ガーディアンの力で登場した地属性恐竜族上級モンスター
 ガーディアンの1体であり、《重力の斧−グラール》存在時のみ召喚反転召喚特殊召喚できる召喚制限と、自身を手札から特殊召喚する召喚ルール効果を持つ。

 《重力の斧−グラール》共々、ガーディアンの中では比較的実用に耐えうるステータス効果を持つ。
 自己特殊召喚条件も、装備魔法を多く積んだデッキならば手札の減りが速く噛み合っている。
 恐竜族なので、《化石調査》サーチ可能。
 《化石調査》を伏せた状態で1体目を特殊召喚し、《化石調査》で2体目をサーチすれば2枚並ぶので、ランク5のエクシーズ召喚に繋がる。
 《重力の斧−グラール》と相性のいい《重力解除》等の攻防に使えるカード《迅雷の騎士ガイアドラグーン》等の対守備表示に強いカード等も併用すればなかなか厄介なデッキとなるか。

 問題は他のガーディアンと同様、他のモンスター装備魔法・このカードの3枚が揃わなければ機能しない点。
 相手モンスター《重力の斧−グラール》を装備させても召喚可能にはなるが、あまり望ましいプレイではないだろう。
 これもガーディアン全てに言えることだが、《サイクロン》等に召喚を阻害されやすい点も厳しい。
 単体性能は悪くないのだが、とにかくガーディアンである事が足を引っ張るカードである。

  • 恐竜族であるにもかかわらず、武器を持ち衣服を着ており、同じ恐竜《恐竜人》よりも人間に近い。
    恐竜族の中でかなり異色の存在であり、その姿は恐竜が絶滅しなければ進化したといわれる恐竜人間ディノサウロイドのようである。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《重力の斧−グラール》自分フィールドに存在しないとき、手札にこのカード1枚しかない場合は、自分メインフェイズ特殊召喚できますか?
A:特殊召喚できません。1つ目の効果を満たしていないと、2つ目の効果も使用できません。

Q:正規の手順で召喚していない場合、墓地からの特殊召喚は可能ですか?
A:このカードは、「特殊召喚モンスター」ではないので可能です。ただし、1つ目の効果が、特殊召喚のときにも適用されるので、《重力の斧−グラール》自分フィールド上に存在しないとあらゆる特殊召喚もできません。

Q:《重力の斧−グラール》相手フィールド上に存在するとき、このカードを召喚できますか?
A:カードのテキストに「自分フィールド上に存在する時のみ」と書かれています。よって、たとえ自分モンスターに装備されていても、自分フィールド上に《重力の斧−グラール》が存在していなければ召喚できません。

Q:《重力の斧−グラール》自分フィールドに存在しない時、《ガーディアン・グラール》を「セット」でフィールドに出すことは出来ますか?
A:可能です。またその際、反転召喚以外でリバースすることも可能です。


Tag: 《ガーディアン・グラール》 効果モンスター モンスター 星5 地属性 恐竜族 攻2500 守1000 ガーディアン

広告