《ガード・ブロック/Defense Draw》

通常罠
相手ターンの戦闘ダメージ計算時に発動する事ができる。
その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になり、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 THE DUELIST GENESISで登場した通常罠
 自分への戦闘ダメージを打ち消し、更にカードを1枚ドローする効果を持つ。

 このカードを消費しながらも1枚ドローできるので、カード・アドバンテージの損失は0である。
 ただ、「自分への戦闘ダメージ」が0になるだけで、攻撃されたモンスターを守ることはできない。
 モンスター戦闘破壊されている場合は実質的に2:1交換であり、1:1交換以上が狙える《聖なるバリア −ミラーフォース−》や、モンスターも守れる《和睦の使者》の方が、一般的に使い勝手がよい。
 また自分ターン発動できないので、リクルーターを多用するようなデッキ自爆特攻ダメージを帳消しにするためにも使えない。

 《エア・サーキュレーター》《悪シノビ》等、「低攻撃力だが攻撃表示で出す必要がある」モンスターとならば比較的相性が良いか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:その戦闘自分が受ける戦闘ダメージが0の時に発動して、ドローだけする事はできますか?
A:自分の受ける戦闘ダメージが0の場合、このカード発動できません。(10/06/11)

Q:自分チェーン1《ガード・ブロック》を発動し、さらに自分チェーン2《ガード・ブロック》を発動した場合、2枚ドローする事ができますか?
A:チェーン2で発動した《ガード・ブロック》は通常通り適用されます。
  しかし、チェーン1の《ガード・ブロック》の処理を行う際には、チェーン2で発動した《ガード・ブロック》によって戦闘ダメージを0にする処理が既に行われています。
  よって、チェーン1《ガード・ブロック》の効果戦闘ダメージを0にする事ができず、ドローする処理も行われず、結果的にドローする枚数は1枚のみになります。(15/06/18)


Tag: 《ガード・ブロック》 通常罠

広告