《ガードペナルティ/Guard Penalty》

速攻魔法
フィールド上のモンスター1体を選択する。
このターン選択したモンスターが守備表示になった場合、
自分のデッキからカードを1枚ドローする。

 ENEMY OF JUSTICEで登場した速攻魔法
 モンスター1体が守備表示になった場合にドローする効果を持つ。

 このカードの効果適用されるのは1回だけという裁定であり、1ターンに何回守備表示になろうとも1ドローしかできない
 1ドローする魔法カードには《成金ゴブリン》が存在しており、相手回復させるデメリットがあっても条件のないあちらを優先するのが普通。
 また、1ターン待っても良いなら同じく条件のない《強欲な瓶》《八汰烏の骸》が存在する。

 《ライトロード・マジシャン ライラ》《ゴブリン突撃部隊》など効果により守備表示になる・させる守備力の低いモンスターに使うなら、《ドロー・マッスル》が存在する。
 こちらは《召喚僧サモンプリースト》《ゴブリンエリート部隊》といった守備力の低くないモンスターにも対応可能。

関連カード

―《ガードペナルティ》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:対象攻撃表示モンスター《月の書》裏側守備表示にした場合、ドローしますか?
A:ドローします。

Q:裏側守備表示から表側守備表示にした場合、ドローしますか?
A:「守備表示守備表示」なので、ドローしません。

Q:対象モンスター攻撃表示守備表示攻撃表示守備表示となった場合、2回ドローしますか?
A:いいえ、この効果は一度しか適用されません。(09/01/20)


Tag: 《ガードペナルティ》 魔法 速攻魔法

広告