《ガーネシア・エレファンティス/Garnecia Elefantis》

通常モンスター
星7/地属性/獣戦士族/攻2400/守2000
恐るべきパワーの持ち主。
あまりの体重の重さに、歩くたびに地割れが起きてしまう。

 Vジャンプ(2000年7月号) 付属カードで登場した地属性獣戦士族最上級モンスター

 レベル7の獣戦士族モンスターは少なく、4体のうちの唯一の通常モンスターである。
 《七星の宝刀》《凡人の施し》のほか、炎舞サポートカードを利用できる。
 ただ、このカード自体はレベル6以下の標準的攻撃力しか持たず、他の2体も汎用性は高くない。
 獣戦士族通常モンスターサポートを使うなら攻撃力の高い《千年原人》の方が使いやすい。

  • 名前の由来はヒンドゥー教の神の一柱である「ガネーシャ(ganeza)」だろう。
    その名前はサンスクリット語で「群衆(ガナ)の主(イーシャ)」という意味を持つ。
    太鼓腹の人間の体に片方の牙の折れた象の頭、4本の腕を持った姿で表わされ、学問と商業の神とされている。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメDMにおける「キースvsトム」戦で、キースが使用。
    先攻ターン目から召喚するが、トムの出した《飛行エレファント》によって地割れ攻撃を無効にされ、キースの敗北を招いた。
    また、アニメでは海馬も所持しており、王国編ではジュラルミンケースに入れていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    GBのDMシリーズのテキストでは、「あまりの体重の重さに」が抜けていた。
    遊戯王オンラインでは、第一回世界大会の準優勝賞品となっている。

関連カード

―象・マンモス型のモンスターについては《マンモスの墓場》参照。

収録パック等


Tag: 《ガーネシア・エレファンティス》 通常モンスター モンスター 星7 地属性 獣戦士族 攻2400 守2000

広告