《ガスタの巫女(みこ) ウィンダ/Winda, Priestess of Gusto》

効果モンスター
星2/風属性/サイキック族/攻1000/守 400
このカードが相手モンスターの攻撃によって破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「ガスタ」と名のついたチューナー1体を特殊召喚できる。

 DUEL TERMINAL −インヴェルズの侵略!!−で登場した風属性サイキック族下級モンスター
 ガスタの名を持ち、戦闘破壊時にデッキからガスタチューナー特殊召喚する誘発効果を持つ。

 発動条件が「相手モンスター攻撃によって戦闘破壊され墓地へ送られた時」のため、自爆特攻送りつけでは効果が使えない。
 リクルート対象もわずか4種類しかなく、リクルーターとしてはかなり少ない。
 しかしリクルートできるのもリクルーターであり、特に《ガスタ・ガルド》《ガスタ・イグル》はこのカードリクルートできる。
 《ガスタの巫女 ウィンダ》→《ガスタ・ガルド》《ガスタ・イグル》→《ガスタの巫女 ウィンダ》をリクルートし続けることでシンクロ素材を維持しつつ墓地を肥やすのが【ガスタ】の基本戦術である。
 ただし、《ガスタ・イグル》からは《ガスタ・ガルド》特殊召喚できないため、このカードデッキから無くなってしまうと連続リクルートは停止してしまう。

 このリクルートループを形成する3種の内で最もその条件が厳しいカードであることは、【ガスタ】においても小さくない欠点である。
 特に《強制転移》《ダイガスタ・スフィアード》とのコンボに対応しない点は痛いところ。
 同じくガスタレベル2・サイキック族で能動的な発動の可能性もある《ガスタの希望 カムイ》の存在などから、採用枚数は吟味する必要がある。

 恵まれたステータスを持っており、サポートカードがかなり豊富なのも特長である。
 レベル2・サイキック族であるため、《ジャンク・シンクロン》《念動収集機》《緊急テレポート》に対応しており、《ダイガスタ・ガルドス》《ダイガスタ・スフィアード》といったシンクロモンスターを展開しやすい。
 【ガスタ】では戦線を支えるカードとなるだろう。

  • 第5回カリスマデュエリスト最強決定戦1回戦第1試合において、流星が使用。
    送りつけを行った後自ら破壊したため、リクルート効果が使えなかった。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALのアクションデュエルにおけるミニゲーム「ふわふわガスタ」では、良い結果の際にゲーム終了画面に登場する。
    また、同ミニゲームのボーナスモード時の旧ナレーションでは、《ガスタの賢者 ウィンダール》は彼女の父親だという解説がなされていた。
    召喚時には、《ガスタ・ガルド》が肩に止まる演出がある。
    イベントモードではカーリーなのさが【ガスタ】で使用する。
    WCS2011ではデュエリストとして登場。
    デッキ名は「Oh!ガスタ」。

関連カード

イラスト関連

―《ガスタの巫女 ウィンダ》の姿が見られるカード

英語名関連

ガスタと名のついたチューナー

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《A・O・J カタストル》等の「攻撃による効果」によって破壊され墓地に送られた場合、効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/08/10)

Q:元々の持ち主が自分であるこのカード相手フィールド上に存在する時に、このカード自分モンスター攻撃して破壊して墓地へ送られた時に効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(10/08/09)


Tag: 《ガスタの巫女 ウィンダ》 効果モンスター モンスター 星2 風属性 サイキック族 攻1000 守400 ガスタ

広告