《キックバック/Forced Back》

カウンター罠
モンスターの召喚・反転召喚を無効にし、
そのモンスターを持ち主の手札に戻す。

 ENEMY OF JUSTICEで登場したカウンター罠
 モンスターの召喚無効にし、バウンスする。

 発動はノーコストだが、類似効果を持つ《昇天の角笛》《神の警告》に比べて無効にできる範囲が狭い。
 特殊召喚無効にできずシンクロ召喚エクシーズ召喚に対応できないのは現環境においては大きな欠点。
 融合召喚儀式召喚ペンデュラム召喚が主体の場合はフィールドを介さずに特殊召喚する事が多いので腐る事もあるだろう。
 同じノーコストカウンター罠で現在メタカードとして機能する《昇天の黒角笛》とは対照的である。
 ただ最近では破壊された墓地へ送られた召喚に成功した時に誘発効果が生じるカードが多くなったため、高速化した環境で一手遅らせるという点は評価できる。

 ただ、バウンスの特性から下級モンスターに対しては時間稼ぎにしかならず、狙い所は上級最上級モンスターになる。
 この点、【帝王】の伸長によりアドバンス召喚メタの意義も復権傾向という追い風はある。
 しかし、同じ罠カードであればより幅広い場面に対応できる《強制脱出装置》が存在している。

 前述のようにライバルの多いカードであるが、ノーコストである点は魅力であり、《豊穣のアルテミス》等のカウンター罠トリガーとするカードを多数採用するデッキならば採用を検討できるだろう。

  • 「キックバック(Kickback)」とは、「跳ね返す」「蹴り返す」という意味。
    また、「賄賂」「割り戻し金」といった意味もある。
    海外版のカード名の「Forced Back」は「強制して戻される」という意味。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALにて名前の似た《キック・バック・ライフ》を凌牙が使用している。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:召喚無効にするということは、通常召喚無効にされた後で別のモンスター召喚することはできますか?
A:召喚無効にされても「召喚機会を使用した」事実は残るので、もうこのターン通常召喚できません。


Tag: 《キックバック》 カウンター罠

広告