《キャトルミューティレーション/Beast Soul Swap》

通常罠
自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスター1体を手札に戻し、
手札から戻したモンスターと同じレベルの獣族モンスター1体を特殊召喚する。

 FLAMING ETERNITYで登場した通常罠
 獣族1体を手札戻し、その後手札から同じレベル獣族特殊召喚する効果を持つ。

 フィールド獣族手札に戻した後に手札から獣族特殊召喚する為、手札に戻した獣族をそのまま特殊召喚できる。
 そのため、「手札に同レベル獣族がいないので発動できない」という事態に陥ることはない。
 しかし、漠然と使ってもディスアドバンテージになるだけなので、他のカードとのコンボサクリファイス・エスケープを狙って使っていく事になる。
 特にバトルフェイズ中に発動すれば連続攻撃を狙うことが可能で、《野性解放》《思い出のブランコ》《エクシーズ・ダブル・バック》などによる自壊デメリットを回避しつつ行えば理想的である。

 他にも、妥協召喚によるデメリットを打ち消せる《百獣王 ベヒーモス》や、合計4回の連続攻撃が可能になる《ツインヘデッド・ビースト》とのシナジーは抜群。
 獣族が多い宝玉獣との相性も良く、特に《宝玉獣 サファイア・ペガサス》効果を連続で使えるのは大きい。
 総じて高いポテンシャルを秘めた、今後の獣族モンスターによっては大化けの可能性もある一枚と言えるだろう。

  • 『キャトルミューティレーション』とは、1970年代のアメリカで報告された「Cattle Mutilation(家畜、特に牛の切断の意味)」現象の事を指す。
    当時、牛の死骸について「眼球などが、レーザーメスでも使ったかのように鋭利に切断されている」「血液がすべて抜き取られている」等の異常事態が多発。
    周辺に足跡がない事から人為的とは考えにくく、UFOに乗ってやってきた宇宙人による事件や未確認生物であるチュパカブラの仕業だと大いに騒がれた。
    しかし、その後の調査で「牛の目等は鳥や虫、動物に食べられる」「鳥の嘴は刃物のように鋭くなっている部分もある」「血は全部地面に流れ吸われる」等の事実が判明。
    その他様々な事実から、これは自然発生し得る現象だとされた。
    なお、それだけでは説明できない部分もあると主張する者もおり、発生地点のそばに高確率で基地が存在したことからアメリカ軍の動物実験という説も存在する。
    いずれにせよ猟奇的とも言える事件であり、そのせいか英語名は「獣の魂の交換」と全く関係ない言葉に変更されている。
    • 宇宙人が家畜を「殺す」のではなく「さらう」という意味で使われることがあるが、これは誤用で正しくは『アブダクション』である。

関連カード

イラスト関連

―類似系カード

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールド上の獣族モンスター1体を対象にとりますか?
A:はい、対象にとります。(15/01/12)

Q:戻す処理と特殊召喚する処理は同時ですか?
A:いいえ、同時ではありません。(15/02/05)

Q:効果処理時に、対象獣族モンスター裏側表示になっている場合、手札戻す効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(15/01/12)

Q:効果処理時に、対象獣族モンスターが別の種族になっている場合、手札戻す効果適用されますか?
A:いいえ、適用されません。(15/01/17)

Q:手札戻した獣族モンスターを再びフィールド特殊召喚することはできますか?
A:可能です。

Q:手札獣族が存在しない時に発動できますか?
A:はい、その場合でも発動できます。(10/05/13)

Q:手札が0枚の時に発動できますか?
A:はい、その場合でも発動できます。(15/02/05)

Q:このカードの効果《地縛神 Cusillu》手札戻し、同じカード特殊召喚することはできますか?
A:はい、可能です。(12/11/21)

Q:《DNA改造手術》獣族宣言されている時に《マジカルシルクハット》によって特殊召喚され、バトルフェイズ戦闘破壊を免れて表側表示になった魔法・罠カードに対して、発動できますか?
A:発動できません。(14/07/03)


Tag: 《キャトルミューティレーション》 通常罠

広告