《キラーザウルス/Destroyersaurus》

効果モンスター
星4/地属性/恐竜族/攻1800/守1100
このカードを手札から墓地へ捨てて発動できる。
デッキから「ジュラシックワールド」1枚を手札に加える。

 FORCE OF THE BREAKERで登場した地属性恐竜族下級モンスター
 手札から自身を捨てることで、《ジュラシックワールド》サーチする起動効果を持つ。

 《メガロスマッシャーX》より攻撃力はわずかに劣るが、《ジュラシックワールド》を使うならばそのサーチャーとして採用する意義は十分ある。
 デッキ《ジュラシックワールド》があれば能動的に墓地へ送ることができるので、《一族の結束》と併用しやすく1100ポイントの全体強化が見込める。
 墓地へ送った後に《生存本能》《魂の解放》《ヴェルズ・サラマンドラ》などで除外し、《ディノインフィニティ》自己強化に繋げてもよい。
 《大噴火》も投入するなら、是非デッキに入れておきたいところである。
 《化石調査》《魂喰いオヴィラプター》サーチでき、間接的に《ジュラシックワールド》サーチ可能になる。
 《魂喰いオヴィラプター》からこのカードサーチ《ジュラシックワールド》を使えばあちらの攻撃力を2100に上げられる。

 最大の問題点は、サーチ対象の《ジュラシックワールド》自体が【恐竜族】の中でも優先度がかなり低いカードという点。
 フィールド魔法としても《ロストワールド》の方が遥かに有用な効果を持っており、専用サポートの《大噴火》も扱いづらい点が目立つ。
 そのためむしろこのカード自体を手札から墓地へ送ることができる点に注目するのも一つの手である。
 《一族の結束》効果適用させる場合や《究極伝導恐獣》召喚コスト確保の場合はこのカード1枚だけでも墓地へ送れれば有意の差がある。
 《ジュラシックワールド》自体は何らかの手札コストなどとして割り切り、必要があれば打点強化も可能と割り切ってしまってもいいだろう。
 制限カード《魂喰いオヴィラプター》を除くと、【恐竜族】において即効性と能動性を持ちなおかつディスアドバンテージのない墓地肥やしが行えるのは貴重である。

関連カード

―《キラーザウルス》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《キラーザウルス》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 恐竜族 攻1800 守1100

広告