《ギミック・パペット−ギガンテス・ドール/Gimmick Puppet Gigantes Doll》

エクシーズ・効果モンスター
ランク4/闇属性/機械族/攻   0/守2000
レベル4「ギミック・パペット」モンスター×2
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を2つ取り除き、
相手フィールドのモンスターを2体まで対象として発動できる。
そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。
この効果を発動したターン、自分は「ギミック・パペット」モンスターしか特殊召喚できず、
Xモンスターでしか攻撃宣言できない。
(2):このカードをリリースして発動できる。
自分フィールドの全てのモンスターのレベルはターン終了時まで8になる。

 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編5−で登場した闇属性機械族エクシーズモンスター
 相手モンスターを2体までコントロール奪取できる起動効果、自身をリリースして自分フィールドモンスターレベルを全て8にする起動効果を持つ。

 エクシーズ素材縛りにはレベル4のギミック・パペット2体が指定されている。
 《ギミック・パペット−テラー・ベビー》《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ》効果レベルギミック・パペットまたは《ギミック・パペット−ギア・チェンジャー》特殊召喚するのが最も手っ取り早い。

 (1)はコントロール奪取効果
 一気に2体まで奪えるが、特殊召喚できるのはギミック・パペットのみ、攻撃できるのはエクシーズモンスターのみとなるので奪ったモンスターの活用は難しい。
 レベルを持つモンスターであれば(2)の効果レベル8にすることでランク8のギミック・パペットエクシーズ素材にできる。
 機械族モンスターであれば《ギミック・パペット−キメラ・ドール》リンク召喚に繋げて処理が可能になるが、攻撃はできなくなる。
 機械族でなくともエクシーズモンスターなら攻撃は可能なので戦闘ダメージは狙える。

 処理に困るのは機械族以外のリンクモンスターしかいない場合であり、奪っても処理できないままではエンドフェイズにはコントロールが戻ってしまう。
 ギミック・パペット最上級モンスターリリースにしてしまえればいいが、エクシーズ召喚の過程で召喚権を使っている可能性も高い。
 相手モンスター機械族以外のリンクモンスターのみの場合は他のランク4を優先するのが無難だろう。
 《極超辰醒》等の奪ったリンクモンスターなどを処理しつつメリットに変換できるカードと組み合わせる手もある。
 リンクモンスターリリースして壊獣送りつけてしまえばその問題も解決し、レベル8の壊獣なら元から【ギミック・パペット】にも採用しやすい。

 (2)は自身をリリースしてモンスターレベルを8にする効果
 こちらの効果には制約はなく、(1)の効果で奪ったモンスターや、下級ギミック・パペットを主力であるランク8のエクシーズ素材にできる。
 《終末の騎士》などのサポートカードにも使える。

関連カード

イラスト関連

エクシーズ素材にできるレベル4のギミック・パペット

レベルを4に変更できるギミック・パペット

収録パック等


Tag: 《ギミック・パペット−ギガンテス・ドール》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク4 闇属性 機械族 攻0 守2000 ギミック・パペット

広告