《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ/Gimmick Puppet Humpty Dumpty》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻   0/守 100
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
手札から「ギミック・パペット」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
「ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 PREMIUM PACK 16で登場した闇属性機械族下級モンスター
 召喚・特殊召喚に成功した時にギミック・パペット手札から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 緩い条件でレベルを問わず手札ギミック・パペット特殊召喚できる。
 使う機会は少ないが特殊召喚にも対応しているため、《ジャンク・パペット》等で蘇生した際にも発動可能。

 【ギミック・パペット】ランク8を主体とするデッキなので、基本的に特殊召喚後は《ギミック・パペット−ギガンテス・ドール》エクシーズ素材《ギミック・パペット−キメラ・ドール》リンク素材として使うことになるだろう。
 また《地獄の暴走召喚》トリガーとしても使いやすく、《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》《ギミック・パペット−テラー・ベビー》《機械複製術》も共有できる。

 単体ではランク8に繋がらない点、レベル4の《ギミック・パペット−シザー・アーム》《ギミック・パペット−テラー・ベビー》特殊召喚では効果が使えないなどは欠点と言える。
 とは言え、後述の展開手段も踏まえると、癖はあるが【ギミック・パペット】の展開の幅を広げるカードといえるだろう。

 競合先は同レベルで同じくギミック・パペット特殊召喚効果を持つ《ギミック・パペット−テラー・ベビー》だろう。
 あちらは墓地から蘇生するのでカードの消費を抑えられ、エクシーズモンスターも展開可能である。
 こちらは特殊召喚時でも発動可能な点、1ターン目でも発動が容易な点、墓地よりも手札からの方が相手の妨害を受けにくいのが利点。
 なお、攻撃表示で出せる点についてはメインデッキギミック・パペット攻撃力の低さから大した利点にならないが、《強制転移》などを使う場合は攻撃の的を作れる点で相性が良い。

  • 「ハンプティ・ダンプティ(Humpty Dumpty)」は、英国のわらべうたであるマザー・グースの1つであり、その登場人物の名前でもある。
    「ハンプティ・ダンプティが塀の上から落ちた、どれだけの人手を掛けてもハンプティ・ダンプティを戻せない」という意味の内容で、「ハンプティ・ダンプティ」の正体を問うなぞなぞ歌である。
    正解は「タマゴ」なのだが、童話『鏡の国のアリス』の挿絵における「タマゴを擬人化したキャラクター」という姿があまりに有名となり、なぞなぞが成立しなくなってしまった。
    このモンスターも『鏡の国のアリス』のイメージをおおむね踏襲した姿で描かれている。

関連カード

―《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚した時でも効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/12/21)


Tag: 《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻0 守100 ギミック・パペット

広告