《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ/Gimmick Puppet Humpty Dumpty》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻   0/守 100
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、
手札から「ギミック・パペット」と名のついたモンスター1体を特殊召喚できる。
「ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 PREMIUM PACK 16で登場した闇属性機械族下級モンスター
 ギミック・パペットの1体であり、召喚・特殊召喚に成功した時にギミック・パペット手札から特殊召喚する誘発効果を持つ。

 《切り込み隊長》と同様の条件で手札ギミック・パペット特殊召喚でき、こちらは自身が特殊召喚した時でも使用できる。
 さらに対応するレベルに制限がなく、手札で腐った最上級ギミック・パペットも展開できるのだが、自身がレベル4という点がネックとなる。

 基本的に【ギミック・パペット】ランク8を主体とするデッキであり、単体ではそれらのエクシーズ素材としての活用が難しい。
 一応他のレベルギミック・パペットも存在し、同名カード効果に対応するものの、このデッキでのランク4はそれほど重視されない。
 また、《ギミック・パペット−シザー・アーム》特殊召喚では効果発動できない点も評価を下げてしまう。

 採用する場合、緩い条件で最上級ギミック・パペットを展開できるので、《地獄の暴走召喚》トリガーにしやすい点に価値を見出したい。
 これらのギミック・パペットはいずれも特殊召喚効果を持つものの、ある程度の下準備や条件があるため、保険の展開手段としては一考に値する。
 このカードを含め最大4体のギミック・パペットを並べられ、その際自身は先にリンク素材にすることで棒立ちになることを回避できる。
 その他、同じギミック・パペットである《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》と共に《機械複製術》に対応するメリットもある。

 総じて癖はあるが【ギミック・パペット】の展開の幅を広げるカードといえる。

  • 「ハンプティ・ダンプティ(Humpty Dumpty)」は、英国のわらべうたであるマザー・グースの1つであり、その登場人物の名前でもある。
    「ハンプティ・ダンプティが塀の上から落ちた、どれだけの人手を掛けてもハンプティ・ダンプティを戻せない」という意味の内容で、「ハンプティ・ダンプティ」の正体を問うなぞなぞ歌である。
    正解は「タマゴ」なのだが、童話「鏡の国のアリス」の挿絵における「タマゴを擬人化したキャラクター」という姿があまりに有名となり、なぞなぞが成立しなくなってしまった。
    このモンスターも「鏡の国のアリス」のイメージをおおむね踏襲した姿で描かれている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中に特殊召喚した時でも効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/12/21)


Tag: 《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻0 守100 ギミック・パペット

広告