《ギミック・パペット−死の木馬(デス・トロイ)/Gimmick Puppet Des Troy》

効果モンスター
星4/闇属性/機械族/攻1200/守2000
自分のメインフェイズ時に、フィールド上の
「ギミック・パペット」と名のついたモンスター1体を選択して発動できる。
選択したモンスターを破壊する。
この効果はこのカードがフィールド上に表側表示で存在する限り1度しか使用できない。
また、このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
手札から「ギミック・パペット」と名のついたモンスターを2体まで特殊召喚できる。

 Vジャンプ(2013年9月号) 付属カードで登場した闇属性機械族下級モンスター
 ギミック・パペットの1体であり、ギミック・パペット破壊する起動効果フィールドから墓地へ送られた時に手札ギミック・パペットを2体まで特殊召喚する誘発効果を持つ。

 前半の効果ギミック・パペット破壊する効果
 破壊する意味があるギミック・パペットはこのカードしかない以上、基本的に後半の効果発動するために自身を破壊することになる。
 相手ギミック・パペット破壊できるので、ミラーマッチではノーコスト除去カードとして働く。
 逆にこのカードコントロール奪取されたり《死者蘇生》で手駒にされたりすると、痛手となる。
 変わった所では【機皇】《ギアギガント X》によるサーチ《ブラック・ボンバー》による蘇生等に対応しつつ、単体で機皇帝特殊召喚するトリガーとして利用できるカードとして採用できる。

 後半の効果では、高レベルモンスターが多い【ギミック・パペット】において手札事故の確率を軽減でき、ランク8をメインとしたエクシーズ召喚が狙えるようになる。
 前半の効果だけでなく、《激流葬》などに巻き込んで発動する事も可能である。
 しかし展開が手札からのみのため、消費が非常に激しくなり、その展開時を狙われると、大幅なディスアドバンテージにもなりうる。
 上記の理由から【ギミック・パペット】では手札モンスターが溜まりやすいものの、それを待っていては動きが遅くなる。
 手札が少なくなる中盤以降では1体特殊召喚するのも難しくなり、その時にこのカードを引くと単なるにしかできない。
 さらに手札からの特殊召喚ならば、《ギミック・パペット−ハンプティ・ダンプティ》もある。
 《悪夢再び》《ギミック・パペット−ネクロ・ドール》2枚をサルベージして即座に出すといった場合には使える。

  • 封入されている袋には「アニメ『ゼアルII(セカンド)』の人気キャラクターIV(フォー)が操る”破壊人形”」「自ら崩れ落ちる木馬から闇の人形たちが姿をあらわす!!」とある。
    公式でも、自壊からの展開を基本戦術として考えられているようだ。
  • 海外版のイラストでは、脚となっている人形の太股に修正が加えられている。

関連カード

表側表示で存在する限り1度しか使用できない効果を持つカードについては三魔神を参照

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカードフィールド上から墓地へ送られた時に特殊召喚する効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/07/20)

Q:相手フィールド上のギミック・パペット破壊できますか?
A:はい、破壊できます。(13/07/20)


Tag: 《ギミック・パペット−死の木馬》 効果モンスター モンスター 星4 闇属性 機械族 攻1200 守2000 ギミック・パペット

広告