《クリボール/Sphere Kuriboh》

効果モンスター
星1/闇属性/悪魔族/攻 300/守 200
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
その攻撃モンスターを守備表示にする。
(2):儀式召喚を行う場合、必要なレベル分のモンスターの内の1体として、
墓地のこのカードを除外できる。

 ディメンション・オブ・カオスで登場した闇属性悪魔族下級モンスター
 攻撃してきたモンスター守備表示にする誘発効果儀式召喚に必要なリリースの代用となるルール効果を持つ。

 手札から墓地へ送って攻撃をしのぎ、さらにその後は儀式召喚を行い除外という流れを狙える。
 しかし、手札効果発動し、攻撃を封じてなおかつ儀式召喚レベル1分のリリースに使うなら、直接攻撃に限定されるものの《バトルフェーダー》《ゴーストリック・フロスト》でも同じことが可能。
 《バトルフェーダー》の場合はバトルフェイズを終了する効果もあるため他のモンスターで追撃される恐れもない。
 このカードの意義はモンスターを守ることにある。
 召喚した暗黒騎士ガイアなどを守り、返しのターンフィールドに残したモンスターとで儀式召喚を行うのが基本となる。

 デッキから直接墓地へ送られた場合でもレベルを賄えるが、属性種族レベルの全てが同じで、罠カード耐性を付与できる追加効果を持つ《儀式魔人ディザーズ》が存在している。
 攻撃を封じる効果で差別化したい。

  • アニメDMオリジナル「ドーマ編」の「闇遊戯vsラフェール」(2戦目)で闇遊戯が使用した《クリブー》の効果名が「クリボール」だった。
    ただし、その効果は「発動ターンの間相手モンスター1体の攻撃力を1500ポイントダウンする」というものなので、直接の関連はない。
  • アニメZEXALII(セカンド)で、《虹クリボー》がエリファスの襲撃から遊馬を守るために変形した形態にも「クリボール」というものがある。
    無論、こちらもこのカードと直接の関連はない。
  • コナミのゲーム作品において―
    デュエルリンクスにおいては初の手札誘発モンスターとして初期パックに収録されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《クリボール》 モンスター 効果モンスター 星1 闇属性 悪魔族 攻300 守200 クリボー

広告