《クリボン/Kuribon》

効果モンスター
星1/光属性/天使族/攻 300/守 200
このカードが相手モンスターの攻撃対象になったダメージ計算時に発動できる。
その戦闘によって発生する自分への戦闘ダメージは0になり、
攻撃モンスターの攻撃力分だけ相手のライフポイントを回復し、
このカードを手札に戻す。 

 ANCIENT PROPHECYで登場した光属性天使族下級モンスター
 ダメージ計算時ダメージ無効にして相手ライフ回復し、自身を手札戻す誘発即時効果を持つ。

 自身の効果戦闘破壊されないので、相手攻撃を防ぐにはなる。
 しかし、一度攻撃を防ぐと手札に戻ってしまう上、効果を使う度に相手ライフ回復させてしまう。
 《マシュマロン》などの戦闘破壊耐性を持つモンスターの方が使いやすいだろう。
 ライフ差が開く事を利用して、《自爆スイッチ》発動に利用したり、《活路への希望》の補助にしたりする手もあるが、いずれにせよ相手の行動に対する依存が強い。

  • 戦闘破壊が確定しても手札に戻すことができるという、ある意味類を見ない効果である。
  • 漫画5D'sでは龍可がこのモンスターのぬいぐるみを抱えている。
    また、「遊星vs龍亞&龍可」(2戦目)において龍可が使用した速攻魔法《トリック・バスター》のイラストに描かれている。
  • コナミのゲーム作品において―
    TAG FORCE 4内の龍可の説明において「性能は微妙だが外見が好みなのか、好んで使用する」と記されている。
    酷い言われようだが、精霊が宿るカードだから使われているのではないのだろうか?
    更に言えば、アニメの効果であれば性能は微妙どころか当時では高水準のカードである。
    攻撃名は「リボン・スタンプ」。
    TAG FORCE 5のロード画面で《黒薔薇の魔女》の代わりに、極稀に登場する。

関連カード

―《クリボン》の姿の見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:自身の効果手札に戻るのはどのタイミングですか?
  ダメージ計算時効果発動した直後ですか、それともダメージ計算を行った後ですか?
A:ダメージ計算を終えた後に手札に戻ります。(14/08/15)

Q:自身に戦闘ダメージが入らない場合(《クリボン》の攻撃力以下、《クリボン》守備表示貫通無しなど)で効果発動できますか?
A:自身に戦闘ダメージが入らない場合空撃ち扱い、発動できません。(09/05/10)
  なお裏側守備表示でも、自身に戦闘ダメージが入る場合(貫通効果ありなど)発動できます。(09/05/10)

Q:自身が攻撃表示時に効果発動し、それにチェーンをし《ガード・ヘッジ》効果発動して相手モンスターより攻撃力が上回り、戦闘ダメージを受けなくなる場合でも回復手札戻す効果適用されますか?
A:適用されません。(14/03/21)

Q:《冥界の魔王 ハ・デス》攻撃表示のこのカード攻撃した場合、回復手札戻す効果発動しますか?
A:はい、発動します。(12/11/21)

Q:このカード攻撃を受け、ダメージ計算時発動したこのカードの効果を、《天罰》無効にし破壊されました。
  ダメージ計算は行われますか?
A:行いません。(14/02/07)


Tag: 《クリボン》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 天使族 攻300 守200

広告