《クレイ・チャージ/Clay Charge》

通常罠
自分フィールド上の「E・HERO クレイマン」が
攻撃対象に選択された時に発動する事ができる。
(選択されたカードがセットされている場合、
そのカードをめくって確認する)。
攻撃モンスターと選択された「E・HERO クレイマン」を破壊し、
相手ライフに800ポイントダメージを与える。

 デュエリストパック−十代編−で登場した通常罠
 《E・HERO クレイマン》攻撃対象にされた時に発動可能で、攻撃モンスター《E・HERO クレイマン》破壊して800の効果ダメージを与える効果を持つ。

 破壊効果ダメージ効果を併せ持っているが、相手モンスター破壊しても、カードの効果《E・HERO クレイマン》自身も破壊されてしまうのが大きなデメリット

 対象が制限されている分《カオス・バースト》のほぼ下位互換である。
 一応、《生贄封じの仮面》等でリリースが制限されいても使用できる事や、《補給部隊》などの破壊トリガーとするカードとのコンボに繋げられる事などの独自の利点もあるが、【E・HERO】において優位点になるとは言い難い。
 《カオス・バースト》の存在を抜きにしても、攻撃反応型の罠カードに対する評価が厳しい現環境での採用は難しいだろう。

  • アニメでのイラストは集中線が無いなど少々異なっている。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:破壊する処理とダメージを与える処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いになります。(12/10/10)


Tag: 《クレイ・チャージ》 通常罠

広告