《クローザー・フォレスト/Closed Forest》

フィールド魔法
自分の墓地に存在するモンスター1体につき、
自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスターの
攻撃力は100ポイントアップする。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド魔法カードを発動する事はできない。
このカードが破壊されたターン、
フィールド魔法カードを発動する事はできない。

 遊戯王5D's Duel Transer 付属カードで登場したフィールド魔法
 墓地モンスターの数だけ自分獣族全体強化する効果と、フィールド魔法発動を制限する2つの効果を持つ。

 1つ目の効果獣族専用の攻撃力上昇効果
 上がるのは攻撃力のみであり、《素早いビッグハムスター》のようなリバース時に発動するものとの相性は良くない。

 類似カード《一族の結束》と比べると、別の種族モンスター墓地に存在しても効果に影響がなく、種族にかかわらず枚数としてカウントされるので、【ビースト】のように他種族墓地に混ざるデッキでも採用が見込める。
 こちらはフィールド魔法なのでサーチが豊富であるが複数枚同時に発動できず、墓地モンスターが貯まればその分攻撃力が上がるが、墓地モンスターが溜まっていない序盤では《一族の結束》の方が扱いやすい。
 なお《一族の結束》と相性が良い《魂を喰らう者 バズー》《貪欲な壺》などは逆に相性が悪いので、デッキによって合う方を採用すると良いだろう。

 全体強化と相性の良い獣族は多く、《No.64 古狸三太夫》相手攻撃力と同じになった影武者狸トークンをこのカード強化すれば確実な戦闘破壊を狙える他、総攻撃力を大幅に上げられる。
 《EMチアモール》墓地モンスターが1体でもいれば、自身も獣族であるので効果を使用することができる。

 積極的に墓地を肥やしていけば大幅な攻撃力の上昇が見込めるのでこれを主軸にしても良いだろう。
 獣族だけでも《ライトロード・ハンター ライコウ》《ナチュル・ビースト》《ボルテック・バイコーン》などの墓地を肥やすカードは豊富にある。
 また低レベル獣族リクルート手段やリクルーターが豊富で《子狸ぽんぽこ》《魔獣の懐柔》などで呼び出し墓地肥やしに貢献できる。
 獣族《森の聖獣 ユニフォリア》《森の聖獣 ヴァレリフォーン》《エアーズロック・サンライズ》蘇生手段も豊富にあるので墓地肥やしとは相性が良い。

 2つ目の効果及び3つ目の効果は、フィールド魔法発動抑止効果

 【墓守】等のフィールド魔法に依存しているデッキメタカードとなる。
 相手ターン破壊されれば、抑制効果が働くため、次の自分ターンに2枚目のこのカードを再び発動できれば、相手フィールド魔法発動を抑制し続けることができる。
 しかし、バウンス除外には無力であり、速攻魔法罠カード等で自分ターン破壊されると自分フィールド魔法発動できなくなる。
 また、すでに発動しているフィールド魔法には干渉できないことからこのカードのみでフィールド魔法を防ぎきることは難しい。

 《盆回し》《エンシェント・フェアリー・ドラゴン》は、既に発動しているフィールド魔法除去し、このカードを先に発動できれば相手フィールド魔法発動を封じられるので相性がよい。

  • アニメではレアリティNormalで、イラストは明かりがなく樹の色は黒かった。(ゲーム作品のアニメーションはこちらが元になっている)

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード破壊された時にフィールド魔法発動できない効果適用される際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/04/22)

Q:フィールド上に表側表示で存在するこのカード《神禽王アレクトール》等の効果無効になっている状態で破壊された場合に、フィールド魔法発動できない効果適用されますか?
A:はい、その場合でも適用されます。(11/04/21)

Q:このカード適用中、《終焉の地》発動できますか?
A:できません。(11/04/25)

Q:このカード適用中、「相手フィールド獣族」は「相手墓地獣族の数の枚数分」攻撃力がアップしますか?
A:いいえ、数値の上昇が起きるのは自分モンスターだけです。(11/04/27)

Q:2つの「フィールド魔法発動できない」効果は、両方とも自分相手両方が影響を受けますか?
A:はい、そうです。(11/04/27)


Tag: 《クローザー・フォレスト》 魔法 フィールド魔法

広告