《クローザー・フォレスト/Closed Forest》

フィールド魔法
自分の墓地に存在するモンスター1体につき、
自分フィールド上に表側表示で存在する獣族モンスターの
攻撃力は100ポイントアップする。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド魔法カードを発動する事はできない。
このカードが破壊されたターン、
フィールド魔法カードを発動する事はできない。

 遊戯王5D's Duel Transer 付属カードで登場したフィールド魔法
 墓地モンスターの数だけ自分獣族全体強化する効果と、フィールド魔法発動を制限する2つの効果を持つ。

 1つ目の効果獣族専用の攻撃力上昇効果
 獣族リクルーターが豊富であるが、ほとんどが戦闘破壊が前提であり強化との相性は良くない。
 加えてこれらのモンスターステータスが低く、強化されたところであまり有効に働かない。
 上がるのは攻撃力のみであり、《素早いビッグハムスター》のようなリバース時に発動するものとの相性も良くない。

 《一族の結束》とは異なり、別の種族墓地に存在しても効果に影響がなく、墓地モンスター種族にかかわらず枚数としてカウントされる。
 シンクロ召喚を多用する獣族【ビースト】のように他種族墓地に混ざるデッキでの採用が見込める。
 しかし、そのようなデッキによく採用される《貪欲な壺》との相性は悪く、獣族強化カードとしては《幻獣の角》の方が扱いやすい。
 《テラ・フォーミング》サーチできるが、序盤では大した数値も得られないため、範囲こそ違えど《幻獣の角》《強者の苦痛》等に比べ扱いにくい効果ではある。

 前述のようにリクルーターとの相性は決して良くはないが、逆に積極的に墓地を肥し、蘇生で展開していくというのも考えられる。
 獣族だけでも《ライトロード・ハンター ライコウ》《ナチュル・ビースト》、単純に墓地を肥やすだけなら《ボルテック・バイコーン》などのカードもある。
 前者はそれぞれ《子狸ぽんぽこ》《魔獣の懐柔》で簡単に呼び出すことができる。
 また、それらを採用するためにローレベル獣族が多くなるため、《虚栄の大猿》を採用することでそれぞれのシンクロモンスターも出しやすくなる。
 蘇生《魔獣の懐柔》に対応するモンスターだけでも《森の聖獣 ユニフォリア》《森の聖獣 ヴァレリフォーン》がいるほか、《エアーズロック・サンライズ》といった獣族専用の蘇生カードもある。

 2つ目の効果は、フィールド魔法発動抑止効果
 【墓守】等のフィールド魔法に依存しているデッキには脅威となる。
 ただし、魔法・罠除去耐性はなく無力であるため、《サイクロン》等には弱い。
 マスタールール3からはフィールド魔法セットによる上書きは破壊扱いではなくなった。
 そのため、自分はセットしてから発動することで、そのターン中に別のフィールド魔法発動することができる。

 3つ目の効果は、自身が破壊されたターンにおけるフィールド魔法発動抑止効果
 相手ターン破壊されれば、この抑制効果が働くため、次の自分ターンに2枚目のこのカードを再び発動できれば、相手フィールド魔法発動を抑制し続けることができる。
 バウンス除外には無力だが、フィールド魔法を使用する相手プレイヤーにとってはある程度の拘束力を持つ。
 しかし、速攻魔法罠カード等で自分ターン破壊されると、自分フィールド魔法発動できなくなる。

  • アニメではレアリティNormalで、イラストは明かりがなく樹の色は黒かった。(ゲーム作品のアニメーションはこちらが元になっている)

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:このカード破壊された時にフィールド魔法発動できない効果適用される際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(11/04/22)

Q:フィールド上に表側表示で存在するこのカード《神禽王アレクトール》等の効果無効になっている状態で破壊された場合に、フィールド魔法発動できない効果適用されますか?
A:はい、その場合でも適用されます。(11/04/21)

Q:このカード適用中、《終焉の地》発動できますか?
A:できません。(11/04/25)

Q:このカード適用中、「相手フィールド獣族」は「相手墓地獣族の数の枚数分」攻撃力がアップしますか?
A:いいえ、数値の上昇が起きるのは自分モンスターだけです。(11/04/27)

Q:2つの「フィールド魔法発動できない」効果は、両方とも自分相手両方が影響を受けますか?
A:はい、そうです。(11/04/27)


Tag: 《クローザー・フォレスト》 魔法 フィールド魔法

広告