《クロシープ》

リンク・効果モンスター
リンク2/地属性/獣族/攻 700
【リンクマーカー:左下/右下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適用する。
●儀式:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。
●融合:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●S:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700アップする。
●X:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700ダウンする。

 IGNITION ASSAULTで登場した地属性獣族リンクモンスター
 リンク先モンスター特殊召喚された場合にリンク先カードの種類によって適用される誘発効果を持つ。

 同様のリンク素材指定を持つリンクモンスターとしては、初めてエクストラモンスターゾーンから2つのリンクマーカーを伸ばせる。
 ただリンクマーカーだけを目的にリンク召喚する場合、縛りの存在しない《魔界の警邏課デスポリス》も存在する。
 攻撃力はあちらの方が高いため、効果を活かせるデッキで採用するのが好ましい。

 儀式モンスターが存在する場合の効果は、2枚の手札交換
 直接的なアドバンテージこそ得られないものの、2:2交換墓地も肥やせ扱いやすい効果である。

 融合モンスターが存在する場合の効果蘇生
 4つの効果では唯一アドバンテージを得られることもあり、できれば積極的に狙いたい。
 融合召喚を用いるデッキは勿論《簡易融合》なら容易に融合モンスターを準備できる。
 指定は下級モンスターであることのみで、効果無効になることもない。
 【シャドール】などにおいて、《終末の騎士》蘇生して繰り返し効果を使うといった動きも可能。

 シンクロモンスターが存在する場合の効果は、自分モンスター全体強化
 エクシーズモンスターが存在する場合の効果は、相手モンスター全体弱体化
 どちらも数値は700と決して小さくなく、永続するため繰り返せばそれだけ全体強化弱体化を行える。
 ただこのカード自身は元々のステータスが低いこともあり、両方を同時に適用しても攻撃力2100以上のモンスターには戦闘破壊されてしまう。
 ステータスが変化した相手モンスター破壊するエクシーズモンスター《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》とは相性が良い。

 《戦線復帰》などフリーチェーン特殊召喚を行えるカードを用いることで相手ターンにも発動を狙える。
 ただしこの場合貧弱なステータスのこのカード戦闘で狙われる危険を伴うため、できれば《I:Pマスカレーナ》など能動的にこのカードフィールドから離せる手段を用意しておきたい。

 このカードリンク先《ブリリアント・フュージョン》融合召喚することで、デッキレベル4以下の光属性岩石族炎族水族雷族ジェムナイトモンスター墓地へ送ってから特殊召喚できる。
 光属性チューナー墓地に送ってこちらで特殊召喚すれば《ジェムナイト・セラフィ》とでレベル6〜9のシンクロ召喚ができ、《Emトリック・クラウン》レベル4のジェムナイト墓地に送れば双方を蘇生してランク4のエクシーズ召喚が可能。
 《捕食植物オフリス・スコーピオ》から《捕食植物ダーリング・コブラ》《ブリリアント・フュージョン》サーチすれば、このカードを用意しつつ融合モンスター特殊召喚が狙える。

 また、獣族リンク素材の指定が緩いリンクモンスターであるため、【獣族】《魔獣の懐柔》発動したターンでもリンク召喚できる。
 《魔獣の懐柔》から出せる獣族リンクモンスターには同じリンクマーカーを持つ《ミセス・レディエント》が存在するが、リンク素材の違いや強化弱体化の範囲からも十分差別化できる。
 また《森の聖獣 カラントーサ》効果発動するトリガーになる唯一のリンクモンスターでもあり、【獣族】ならば《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》を絡める事で《森の聖獣 カラントーサ》蘇生が狙える。
 獣族軸の【ユニコールコントロール】では光属性《魔轟神獣ユニコール》攻撃力を3000まで上げることもできる。

  • このカード名は、「裁縫のかぎ針編み」を意味する「crochet/クローシェ」と、「羊」を意味する「sheep/シープ」の合成語だろう。
    イラストでも、羊のモンスターがかぎ針で獣族モンスターを模した毛糸の編みぐるみを作っており、角になっている毛糸玉にもかぎ針が刺さっているのが確認できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《クロシープ》の効果の発動チェーンして《灰流うらら》《屋敷わらし》発動することはできますか?
A:リンク先に存在するモンスターの種類に関わらず、《灰流うらら》《屋敷わらし》どちらもチェーンして効果発動することができます。(19/10/14)

Q:《クロシープ》の効果の発動チェーンして《幽鬼うさぎ》発動され《クロシープ》が破壊されました。
  《クロシープ》の効果処理はどのように行われますか?
A:ご質問の場合、《クロシープ》は効果処理時墓地に存在します。
  リンク先モンスターが存在しませんので、効果適用することはできません。(19/10/14)

Q:《クロシープ》の効果処理時リンク先融合モンスターエクシーズモンスターが存在し、「●融合:」の処理で《終末の騎士》特殊召喚しました。
  相手モンスターが存在する場合《クロシープ》の処理が完了した後《終末の騎士》誘発効果発動できますか?
A:《クロシープ》の「●X:」の効果適用される場合、「●融合:」の処理によって特殊召喚された《終末の騎士》の(1)の効果発動することはできません。(19/11/08)

Q:また相手モンスターが存在しない場合はどうでしょう?
A:ご質問の場合、「●X:」の処理が行われないため、「●融合:」の処理によって特殊召喚された《終末の騎士》の(1)の効果発動することができます。(19/11/08)

Q:《クロシープ》の効果処理時リンク先儀式モンスター融合モンスターが存在し、「●儀式:」の処理で《暗黒魔族ギルファー・デーモン》手札から捨てました。
  自分墓地特殊召喚可能なレベル4以下のモンスターが存在しない場合、《クロシープ》の処理が完了した後《暗黒魔族ギルファー・デーモン》誘発効果発動できますか?
A:ご質問の場合、「●融合:」の処理が行われないため、「●儀式:」の処理によって手札から捨てられた《暗黒魔族ギルファー・デーモン》効果発動することができます。(19/11/08)


Tag: 《クロシープ》 モンスター リンクモンスター 効果モンスター リンク2 地属性 獣族 攻700

広告