《クロス・アタック/Cross Attack》

通常魔法
自分フィールド上に表側攻撃表示で存在する、
同じ攻撃力を持つモンスター2体を選択して発動する。
このターン、選択したモンスター1体は相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
もう1体のモンスターは攻撃する事ができない。

 PHOTON SHOCKWAVEで登場した通常魔法
 自分攻撃力が同じ2体のモンスターのうち、片方を直接攻撃可能にし、もう片方は攻撃不可能にする効果を持つ。

 使う場合は、デッキ内の攻撃力を揃えるなど一工夫が必要になる。
 しかし同じ攻撃力を持つモンスターを複数投入しても、同時に並べるのは難しいため、何らかのカードモンスターの展開を補いたい。
 《受け継がれる力》を使えば攻撃を封じたモンスター攻撃力を加算して直接攻撃できる。
 《究極時械神セフィロン》蘇生効果を使えば攻撃力4000が2体並ぶので4000の直接攻撃が可能になるが、8000の総攻撃力を半減させてしまうのはやはり勿体ない話か。
 《機械複製術》《トライワイトゾーン》《同姓同名同盟》等で同名カードを複数並べる手もあるが、攻撃力の低いモンスターでは直接攻撃の意味がなくなる。
 《武闘円舞》ならば、同じ攻撃力モンスターを並べられ、戦闘ダメージを与えられないワルツトークン攻撃できないデメリットが気にならない。
 《白闘気双頭神龍》なら神龍トークンを出すことで発動でき、3300もの戦闘ダメージを狙える。
 《黒炎弾》発動した後の《真紅眼の黒竜》なら攻撃が封じられるデメリットも気にならず、また攻撃力2400程度ならペアとなる候補も多数存在する。
 《天帝アイテール》攻撃力2800のモンスターリクルートしたり、《レスキューラビット》同名カードを展開するのも手か。

 運用にコンボが不可欠となり、総攻撃力も下がってしまう事を考えると、やや扱いづらさが目立つカードである。
 直接攻撃にこだわるならば、単純に相手モンスター除去してしまうべき場合も多いだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時対象に選択したモンスターの内1体がフィールド上に存在しなくなった場合、直接攻撃可能効果適用されますか?
A:されません。(11/07/23)

Q:効果解決時対象に選択したモンスターの内1体の攻撃力が一致していない場合直接攻撃可能効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/06/29)

Q:効果解決後に、一方の攻撃力が変動した場合直接攻撃可能効果適用されたままですか?
A:有効です。(11/07/18)


Tag: 《クロス・アタック》 魔法 通常魔法

広告