《クロス・デバッガー》

効果モンスター
星2/闇属性/サイバース族/攻 900/守 600
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにリンクモンスターが2体以上存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):自分と相手のリンクモンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に、
墓地のこのカードを除外し、自分の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで
対象のモンスターの攻撃力分アップし、その戦闘では破壊されない。

 RISING RAMPAGEで登場した闇属性サイバース族下級モンスター
 リンクモンスター自分フィールドに複数存在する場合に特殊召喚できる起動効果リンクモンスター同士の戦闘時に墓地から除外する事で自分リンクモンスター強化しつつ戦闘破壊耐性を付与する誘発即時効果を持つ。

 (1)はリンクモンスター自分フィールドに複数存在する場合での手札からの特殊召喚
 《レスキューラビット》通常モンスター2体を展開してから《リンク・スパイダー》2体を用意するなど、低リンクで賄えば難しくはない。
 (2)の効果墓地発動するため、特殊召喚した後はリンク素材として墓地へ送るようにしたい。

 (2)はリンクモンスター同士の戦闘における自分リンクモンスター強化戦闘破壊耐性の付与。
 フィールド墓地リンクモンスターを用意する事はリンク召喚中心のデッキでは然程難しくはなく、相手リンクモンスターを使用してさえいれば発動は狙いやすい。
 墓地に高攻撃力リンクモンスターが存在すればかなりの強化も見込める。
 ただし、フィールド墓地リンクモンスターが存在するのが最も多い状況は、低リンクリンク素材として高リンクに繋げた場合で、その場合大きな強化は見込みにくい。
 もっとも、《トロイメア・フェニックス》など攻撃力2000付近のリンク2は少なくないため、これでも十分な強化となる。
 無理に大きな強化を狙って温存すると相手除去を受けて腐る可能性もあるため、程々の強化で妥協する事も視野に入れたい。

 《サイバネット・コーデック》キーカードとするコード・トーカー中心のデッキでは相性が良い。
 闇属性なのでリンク2の《コード・トーカー》トリガーサーチでき、そのまま(1)の効果による展開に繋ぎやすい。
 また、(2)による強化連続攻撃が可能な《シューティングコード・トーカー》《デコード・トーカー・エクステンド》シナジーする。

関連カード

収録パック等


Tag: 《クロス・デバッガー》 モンスター 効果モンスター 星2 闇属性 サイバース族 攻900 守600

広告